search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 昭和の時代の『四当五落』って何? 尾木ママ、早大生モデル谷の勉強法に感心

昭和の時代の『四当五落』って何? 尾木ママ、早大生モデル谷の勉強法に感心

pic pic

谷まりあ、尾木直樹

 尾木ママの愛称で知られる教育評論家の尾木直樹が10日、都内で行われたキットカット「受験生応援キャンペーン」発表会に、ViVi専属モデルで現在早稲田大学に通うモデルの谷まりあと出席した。

 受験生をモチーフにしたイベントとあり、尾木は「昭和の受験生」代表で学ランを、谷は「平成の受験生」代表でブレザーを着て登場。尾木は学生時代一日12時間の勉強をこなしていたといい、谷も受験期は10時間と決めて勉強をしていたことなどを紹介した。

 谷は当時の勉強法について電子辞書などを活用し、「1時間やったら10分休憩と決めてやっていました」と回顧したが、尾木はこれに「科学的ね〜。同じ地球人だと思えない」と感心の眼差し。「昭和の時代は『四当五落』といって、4時間しか寝ていない人は合格、5時間寝ちゃうと落第と言われた時代で根性論だったんですよ」と述べ、12時になると母親が夜食を作って来てくれたエピソードなどを懐かしそうに振り返った。

 尾木はまた英単語帳の約6000文字を丸暗記していたといい、「全部憶えるとほとんどの大学に合格できるといわれたんです」と過酷だった受験戦争の内情も紹介。現在の受験生には「努力は裏切らない。浪人して来た子、地方から努力してやって来た子、必ず大学で花開きます。頑張ってください」と呼びかけていた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ