search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 広瀬すず、“紅白司会”の大役をゲット 人知れず重ねてきた努力とは?

広瀬すず、“紅白司会”の大役をゲット 人知れず重ねてきた努力とは?

pic pic

広瀬すず

 大みそか放送の「第69回NHK紅白歌合戦」の司会者が9日、同局から発表され、総合司会は、お笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、白組司会は「嵐」の櫻井翔、紅組司会は女優・広瀬すずが務めることが発表された。

 今回初司会となる広瀬は、来年春放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に主演することが決定。

 広瀬は、「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。本当にどうしていいのか分からないというのが、今の正直な気持ちです」とコメントしている。

 「紅組司会は綾瀬はるかとのマッチレースとなったようだが、結局、広瀬に決定。朝ドラの主演と初司会ということが最大限に評価されての起用となった」(NHK関係者)

 紅組の司会はこれまで綾瀬をはじめ、吉高由里子、有村架純、井上真央らそうそうたる女優陣が務めている。

 広瀬の所属事務所は女優の売り出しに定評があり、瀬戸朝香、鈴木杏、北乃きいらを映画・ドラマの主役級に育て上げて来たが、紅白の司会の座をゲットしたのは広瀬が初めて。事務所の幹部は大喜びに違いないが、広瀬本人と事務所幹部の“努力”が実ったようだ。

 「広瀬はとにかく“オヤジ受け”するので、テレビ局や映画会社のプロデューサークラスはメロメロです。だからコンスタントに仕事が舞い込みます。そして、らつ腕で知られる事務所の女社長は、広瀬の作品の担当者に対する“お礼”がハンパないそうです。誕生日に高級ブランド品のプレゼントなどを欠かさないそうで、それで広瀬の評判も上々です」(テレビ局関係者)

 今年、見事に大役をこなせば、来年も続けて起用されることもありそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ