search
とじる
トップ > 芸能ニュース > それで本当にいいの? 麻薬の入手ルートについては語らない歌手の詩音

それで本当にいいの? 麻薬の入手ルートについては語らない歌手の詩音

 麻薬取締法違反罪にとわれていた歌手の詩音(本名・朴有香)が横浜地裁で、執行猶予付き有罪判決を受けた。公判では反省の姿勢を示すも自身が使用したとされる麻薬「ケタミン」の入手ルートについては「自宅まで持ってきた知人から買った」とは語るもそれ以上の説明はなかった。

 昨年の押尾学、酒井法子、またその後も赤坂晃など芸能界の麻薬事件は止まらない。ただどの裁判でも入手ルートについては「外国人に買った」などと曖昧な説明。酒井法子に限っては「拾った」などとまったく信じられない証言をしている。「裁判所で更生すると誓うなら、入手ルートについて説明して、今後その関係者たちとは縁を切ると明言しないとまったく意味がないんじゃないですかね。入手ルートが曖昧なら自身の罪の責任をとったとは思えないです。裁判はそれでいいかもしれないですが、そんな人間に芸能界復帰なんて絶対許してはいけないと思いますね」(週刊誌記者)。

 ただ、同情する意見を話すのは芸能事務所関係者。「他の芸能人は曖昧にごまかしましたが、詩音は自分が話すことによって“何をされるか分からず、怖い”と証言したことが報道されています。話すことで、芸能界復帰が逆に難しくなるってことなのかもしれないですね。あくまで想像ですが、もらったのが芸能人だったとか…」。

 芸能界の麻薬事件は今年も世間を騒がせそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ