search
とじる
トップ > スポーツ > 見たい? 見たくない? “美熟女”国生さゆりがボクシング亀田興毅戦のラウンドガール務める!

見たい? 見たくない? “美熟女”国生さゆりがボクシング亀田興毅戦のラウンドガール務める!

 あなたなら見たいでしょうか?

 きたる4月4日、神奈川・横浜アリーナで行われるプロボクシングWBA世界バンタム級選手権、王者・亀田興毅(25=亀田)対挑戦者・同級11位=ノルディー・マナカネ(28=インドネシア)戦のラウンドガールを、2月14日にコンサルタント会社社長の甲田英司氏とバレンタイン婚したばかりの“美熟女”タレント国生さゆり(45)とアイドルグループ・Berryz工房の嗣永桃子(20)が務めることになった。なんといっても、注目されるのは御年45歳の国生だ。

 興毅はこれがV4戦となるが、V1戦(昨年5月7日=大阪府立体育会館)では熊田曜子、V2戦(昨年8月31日=東京・日本武道館)では熊田曜子、手島優、杉原杏璃の巨乳グラドル3人衆、V3戦(昨年12月7日)ではニューハーフタレント・はるな愛をラウンドガールに起用してきた。

 今回は異例とも思える熟女の投入に、周囲の反応もさまざまのようだ。これまで、試合を観戦するなど、興毅と親交があった縁で白羽の矢が立った国生は「微力ですが、より近いところで応援できるので頑張ります。試合までに絞り込みます。楽しみにしてください」と決意表明。

 気になるのは当日の衣装。ラウンドガールといえば、水着が定番であるが、国生はセクシー衣装での登場をほのめかしている。87年のおニャン子クラブ卒業後、グラビア系の仕事もしていない国生にとっては、実に25年ぶりに肌を露出することになりそうだが、国生は「いつどこで何があってもいいようにしてある女です」と自信たっぷり。

 テレビ的には昨年5月の熊田の際は流されたが、8月の巨乳3人衆、12月のはるなの際は登場時にCMが入り流されなかった。今回、試合を中継するTBSが国生のラウンドガール登場時の映像を放送するかどうか大いに注目されるところだ。

 なお、同興行ではWBA世界スーパーフライ級休養王者・清水智信(金子)と、昨年12月に亀田大毅を破った同級王者・テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)による王座統一戦とのダブルタイトル戦になり、TBS系列で同日午後7時より8時49分までオンエアされる。
(落合一郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


スポーツ→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ