search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 業界内で再び囁かれている吉高由里子の休養説

業界内で再び囁かれている吉高由里子の休養説

 昨年、NHKの朝ドラ「花子とアン」で主役を演じた吉高由里子。その後は約1年間の長期休養に入り、舞台で復帰を果たしたのだが、再び休養に入ってしまうのかと懸念されている。

 10月に始まった主演舞台「大逆走」も連日満員と大盛況のまま11月には大阪公演で千秋楽を迎える。やはり吉高の人気は圧倒的だったことが証明された形だが、問題はその次だという。「当然、高視聴率を出した朝ドラ女優ですし、数々のヒットドラマも持っている。各局のドラマ班が放っておくわけもないのに、次の話が聞こえてこないんです。何でも吉高に断られ続けているという話もあるくらいで、またまた休養に入っちゃうのかと心配されているんです」とはある制作会社関係者。

 ここには吉高を巡る環境の変化もある。「吉高を担当していた女性マネージャーが昨年末に事務所を辞めたのは業界内では有名な話ですが、吉高にとっては、この女性マネージャーがいないといまの自分はいないと言い切る程、信頼していたんです。朝ドラというのはタレントにとって相当、きついんです。今回の1年間の休養というのは、辞めた女性マネージャーと朝ドラの主演をやるときの約束といわれていたし、1年後には復帰という約束もあったといわれている。その女性マネージャーが辞めた当初、いろいろと言われましたが、辞めた後のいまの吉高を事務所が完全にコントロールできているかといわれれば少々、疑問の残るところだとか。今回の舞台が終わったらどうなるんだろうねっていうのは確かに業界内ではいわれているところ」とはある芸能プロ関係者。

 休養中はツイッターでその存在感を示していたのだが、再び同じようになってしまうのか。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ