search
とじる
トップ > 芸能ニュース > SPEED初期MV配信スタート 問題連続のグループ、遂に事務所が“たたき売り”開始?

SPEED初期MV配信スタート 問題連続のグループ、遂に事務所が“たたき売り”開始?

pic pic

SPEED

 1990年代後半にヒット曲を連発していた4人組ダンス&ボーカルグループ・SPEEDの初期のミュージックビデオが、8月1日から映像配信サービス・dTVで一挙に配信がスタートした。

 SPEEDは安室奈美恵やMAXを輩出した沖縄アクターズスクール出身で、96年にデビュー。

 一度目の解散となった2000年春の解散まで、わずか4年ほどの活動期間に「Body & Soul」、「STEADY」、「White Love」、「my graduation」など多数のヒットソングを世に送り出したSPEED。

 dTVでは01年の再結成時にリリースされた「One More Dream」を含む全16曲のミュージックビデオ(MV)に加え、今井絵理子ソロ、今井の「Eriko with Crunch」名義、島袋寛子の「hiro」名義、上原多香子ソロ、新垣仁絵のソロプロジェクト「HITOE'S 57 MOVE」名義と各メンバーのソロワークス計24曲も同時にdTVで配信されている。

 「売れっ子になってから、SPEEDのメンバーたちには固定で月給200万円プラス歩合給が支払われていた。しかし、再結成後はまったくふるわず。以前、事務所は所属アーティストの楽曲などの配信を行っていなかったが、安室奈美恵の独立などで大幅に減収したので、ついに楽曲の配信などをスタートさせた。もはやそれぐらいしか、SPEEDが事務所に“恩返し”できる方法はない」(芸能記者)

 メンバー4人のうち、最年長メンバーだった新垣仁絵は一般人と結婚し引退状態。

 島袋寛子は俳優の早乙女太一の弟で同じく俳優の早乙女友貴と結婚し、ソロ活動。

 今井絵理子は参議院議員となったが、昨年夏には不倫騒動で世間を騒がせた。

 そして、上原多香子は昨年夏、夫が自殺した原因が自身の不倫であることが報じられ、活動休止状態に追い込まれてしまった。

 この先、4人がそろって生歌を披露することはなさそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ