search
とじる
トップ > トレンド > 毎年恒例『鏡野有栖』劇団公演!

毎年恒例『鏡野有栖』劇団公演!

 わたしのストリップにタブーはない! 意表をつく構成と体当たりの熱演で人気の異色ストリッパー鏡野有栖。

 ストリップに入ったきっかけは「お芝居を続けたかったから…時間が自由になるストリップの仕事を選びました。ストリップに出るときは“鏡乃有栖”で、芝居に出るときは“鏡野有栖”。2つの“かがみのありす”を使い分けています」
 写真の出し物はバレーボールを手に舞台狭しと走り回る〜(スポ根ドラマにありそうな〜コーチにしごかれているような〜)踊りというよりパフォーマンスを見せる! 役者としての一面が垣間見えるステージだった。脱ぎとベッドショーがあれば、基本的に何をやっても許されるのが、ストリップの自由な世界。
 「従来のセオリーにとらわれないで、誰もやらないような〜ギャグ漫画のようなあっと驚く出し物を作っていきたい」

 毎年5月に劇団の公演があり、2か月ほど“休業”する。今年で6年目に入り、恒例行事になっている。
 有栖が所属する「水族館劇場」は、大きな劇場を野外に造り、舞台にも大がかりな仕掛けを施す。天井から大量の水を降らしたり、舞台を中央で真っ二つに引き裂いたり、空中に船を浮かべたり…既成の劇場ではとてもできないようなすごいことを見せてくれる。
 役者も裏方も一体となって劇場造りから始めるため、公演が近づくと“合宿生活”に突入するのだ。
 5月21日よりスタートする「恋する虜」では、レミという泥棒少女の役。ストリップのときとは違う〜有栖を見に行こう!

<プロフィール>
鏡乃有栖(かがみのありす)
スタイル=T158センチ、B79W59H86。
2004年10月1日ストリップデビュー。

<スケジュール>
※水族館劇場公演「恋する虜」(作・演出桃山邑)は5月21日、22日、23日、28日、29日、30日、6月1日、2日、3日、4日、5日、6日、7日。夜7時開演。場所・東京・駒込大観音境内特設蜃気楼劇場「水邊の廢園」
http://www.suizokukangekijou.com/

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ