search
とじる
トップ > 社会 > オシッコ引っかけ男が東京・瑞穂町に出現! ターゲットは女子小中学生

オシッコ引っかけ男が東京・瑞穂町に出現! ターゲットは女子小中学生

 警視庁福生署は10月2日、ペットボトルに入れた尿を女子中学生の頭にかけたとして、暴行の疑いで、専門学校生の男(20=東京都瑞穂町むさし野)を逮捕した。

 同署によると、調べに対し、男は「自分がやりました。間違いありません」と供述し、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、9月29日午後6時頃、瑞穂町箱根ケ崎の路上で、歩いて帰宅中の近くに住む中学2年の女子生徒(13)に自転車で近づき、追い抜く際、ペットボトルに入った尿と思われる液体を頭などにかけた疑い。液体を鑑定したところ、尿の成分が検出された。

 同町と隣接する羽村市では、9月26日〜10月1日、小中学生の少女らが男に液体をかけられる事件がほかに6件発生している。複数の現場では、自転車に乗った20〜30代の男が目撃されており、同署では関連を調べている。

 また、7月下旬には同町箱根ケ崎の町立公園で、小学3年生の女児が20〜30代の男から受け取ったアメなどを口にして一時、意識を失う事件があった。女児の尿からは睡眠薬が検出されていて、この事件についても、関連を調べている。

 男がオシッコを若い女性に引っかけるような事件は、実は決して少なくない。12年12月には東京都北区で、13年1月には埼玉県・さいたま市のJR大宮駅前で、似たような事件が起きている。

 まっとうな感覚なら、「そんなことをして何がおもしろいの?」と思ってしまうのだが、犯行を冒す側には特別な快感があるのだろうか? 被害を受けた側は精神的にたまらないだけに、こんな悪質な行為はやめてもらいたいものだ。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ