search
とじる
トップ > トレンド > 書評「だめんずうぉ〜か〜 究極のダメ男・ダメ女編」倉田真由美著、扶桑社

書評「だめんずうぉ〜か〜 究極のダメ男・ダメ女編」倉田真由美著、扶桑社

 ダメな男と、ダメな男ばかりを呼びこんでしまうダメ女。9年間続く連載の中から、著者がこれこそはと思う究極のダメ男・ダメ女を選び抜いた傑作選だ。

 某有名ホテル広報のミヨちゃん(25)の元カレは、「オレのあそこは真珠10コ入りのバリバリ」と語るゴージャス松野似の泌尿器科の開業医。包茎手術後そのままの手術台でHしてきたり、手術台をテーブル代わりに「とり肉お前も食うか?」というカレの姿にどん引きしてサヨナラ。

 その後結婚したプロキックボクサーの夫は、毎晩彼女を風呂で水責めと称し溺れさせるDV男。恐る恐る離婚を切り出して、今は別の彼と「毎晩フェ●チオを1時間強要する以外とっても普通なの。Hはしてくれないけど」とはにかむ彼女。
 はたして男がダメなのか、女がダメなのか…。(税別362円)

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ