search
とじる
トップ > 社会 > 小泉元首相 若手議員擁立へ暗躍中

小泉元首相 若手議員擁立へ暗躍中

 いよいよ明日10日告示となる自民党総裁選は、候補者乱立の混戦模様となり、党幹部の思惑通り(!?)盛り上がりを見せそう。しかし、永田町関係者は「盛り上がっているのは今だけ。候補者にサプライズがなく、いざ総裁選に突入すればしらけるのが目に見えている。自民党の作戦は失敗だ」と悲観的だ。そんな声を地獄耳で聞き取ったか、党内最強のサプライズ王・小泉純一郎元首相が仰天プランを実現するべく暗躍中だという。プランの元ネタはキムタク主演のドラマだというのだが…。

 「ぶっちゃけたことを言えば、麻生以外の候補に総理としての格や質はまったくいらない。名前にサプライズがあるか、もしくは立候補までの物語性で有権者を魅せるというのが使命です。今回ばかりは次の衆院選を見据えてどれだけ派手にやれるか、それだけがキモですから」こう断言するのは永田町関係者。
 10日告示の自民党総裁選をめぐっては、日替わりのように候補者の名前が取りざたされている状況。大本命の麻生太郎幹事長を軸に、自民党のもくろみどおり「盛り上がり」を見せそうな気配もある。しかし、彼ら全員が総裁候補として「×印」だというのだ。前出・関係者が続ける。
 「誰がどう見たって麻生で決まり。どんな伏線をこしらえてみてもそれはひっくり返らない。有権者もそれが分かっている」とした上で、「だから今、名前が挙がっている人たちではまったくダメなんです。サプライズのない人たちでは総裁選は盛り上がりませんから。そりゃあ告示前の今はまだ、各候補の動向をめぐって話題もあるでしょうが、いざ選挙期間が始まったら、つまらない政策論争を有権者が何時間も聞いてくれると思いますか?選挙期間中まで引っ張れる“集客力”のある候補は、結局、べらんめえ調のしゃべりが受ける麻生だけでしょう。このままでは自民党の作戦は失敗です」
 サプライズといってすぐに思い浮かぶのは小泉元首相。今回の総裁選でも本紙既報(4日付)通り、一部では出馬の可能性が指摘されていたが、本人はナゾのダンマリを決めこんで、どうやら動きそうにない。そんな中、ここ数日の小泉元首相は別案を実現させるべく、アクティブな動きを見せているのだという。
 「小泉チルドレン、または当選回数1回から3回くらいまでの若手議員の選考をしているんです。もちろん総裁候補に担ぐためにです」と、仰天情報を漏らしてくれたのは自民党関係者。確かに、たとえば30歳代の若手が突如立候補の動きを見せれば「最年少首相なるか」という見方が加わるわけで、選挙戦は多少なりとも盛り上がるはず。しかし、若さと実行力をスローガンに「戦後最年少首相」となった安倍晋三前首相の体たらくが記憶に新しいだけに、有権者は自民党への不信感をさらに募らせる気もするが…。
 「いやいや、若さをウリにする狙いはそうなんですが、実は小泉氏の動きには『元ネタ』があるんです。この前まで放送していたキムタク主演のドラマ『CHANGE』ですよ」
 春クールのCX系“月9”ドラマ「CHANGE」は、有力議員だった父の事故死により、小学校教師から政治家へ転身した若手議員が、政界の波に踊らされるうち、総理大臣にまで上り詰めるというストーリー。子供と自然を愛する心優しい小学校教師から、信念のままに日本を変えようとする総理大臣までキムタクこと木村拓哉が演じ、現実の政界に不信感いっぱいの有権者らに、さわやかな感動をもたらしたのは事実だ。
 そして、言われてみればドラマと今の状況はそっくり。首相が突然辞任を発表し、次期総裁の人選をめぐって党幹部はすったもんだの汚い争いを繰り広げる。そんな中、黒幕のひとりが議員になりたてホヤホヤのキムタクに白羽の矢を立てるのだが、「小泉氏はさしずめ、その黒幕になろうとしているわけです。若手議員を中心に身辺調査はもちろん、顔やしゃべりの実力まで“採点”しているといいます」(前出・自民党関係者)。
 現実に、若手が独自候補を擁立する動きはある。小泉チルドレンらで作る「国民本位の政治を実現する会」の月初の会合では「当選1回の議員からでも独自に誰かを推すべき」との声も上がっていたし、永田町ウオッチャーによれば「棚橋泰文元科学技術担当相を担ごうとしているのも若手中心。また、無派閥の後藤田正純氏を推す一派もある」という。小泉元首相は昔取ったきねづかでタイミングを逸せず、そんな動きに目をつけたのか。
 永田町関係者が締めくくる。
 「仮に小泉チルドレンがまとまれば、最低でも84票は取れるわけです。間違って総裁選の上位にでも食い込めば、本当に将来、総理になれる芽が出てくる。また、小池百合子に続いて2人も意のままに操れる候補を送りこむことに成功すれば、小泉氏にとっては真のキングメーカーとしての礎になるわけです。両者にとっていいこと尽くめですよ」
 若手議員がナゾの“駆け込み立候補”をしたら、そこには小泉元首相の暗躍があったと思って間違いなさそうだ。

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ