search
とじる
トップ > スポーツ > 【12.29RIZIN】“ミスター女子プロレス”神取忍、54歳の挑戦に浪漫を感じろ!

【12.29RIZIN】“ミスター女子プロレス”神取忍、54歳の挑戦に浪漫を感じろ!

『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 2nd ROUND/Final ROUND』
▼12月29日 さいたまスーパーアリーナ
観衆 15,539人

▼RIZIN女子MMA特別ルール 3分3R 95kg
神取忍(ギャビの契約体重12kgオーバーにより試合中止)ギャビ・ガルシア

 大会前日の計量で、ギャビ・ガルシアが前代未聞の契約体重12.7kgオーバーの107.7kgを計測。これに激怒した神取忍は「ルールはどうなってるんだ? こっちは人生かけてるんだ。ふざけるな」と言い放ちながら退場。榊原信行RIZIN実行委員長と高田延彦統括本部長は「一旦こちらで引き取って、今日中に結論を出します」としていたが、主催者が両選手への聞き取りをした結果、神取サイドから「31日にスライドできないか?」という提案が出されたこともあり、結果当日の14時から榊原実行委員長が会見を行う形で、結論が発表された。

 榊原実行委員長は「結論から申しますと、試合は中止とさせていただきます。神取選手からは、体重差関係なく人生かけて準備をしたし、総合格闘技最後の試合という覚悟で調整したので31日に変更してでもという思いを伝えていただきましたが、私共も競技としてやってるものですから、非常識な組み合わせになるということで決断させていただきました。ギャビもふざけていたわけではなく、真剣に取り組んだ結果、今までできていたことができなくなっていたということでしたので、金銭的なペナルティなどではなく、主催者として今後は選手周りの人とコミュニケーションを密にして、健康管理とウェイトコントロールに注意をしていきたいなと思っております。今後は神取選手が望むのであれば、再戦の場を適切なタイミングで用意させていただきたい」とコメント。

 とは言え53歳の神取が、1年後にまた気持ちを切り替えて、もう一度準備をできるのかは未知数。RIZINとしてギャビ戦以外のオファーをする気持ちはあるのか? という質問をぶつけてみた。これに対して、榊原実行委員長は「このカードは神取さんが最強のギャビとやりたいという話から生まれたカード。神取さんもギャビ以外の選手とはやらないと思う。もちろん神取さんが望むのであればRIZINはバックアップを惜しみません」と神取がMMAに挑戦するならバックアップしていく意向を明らかにした。また、契約体重に関しても「再戦をするにしても95kgは無理だと思う。我々の考えが甘かったのかもしれない」と主催者として反省の言葉を付け加えるのも忘れなかった。神取のコメントを聞いてもわかるように、ギャビ戦にこだわっている神取にとって、体重制限は関係なかったのかもしれない。

 会場のファンには第4試合終了後に、神取対ギャビの煽り映像が流され、映像が終わると、ようやく中止のアナウンス。今の時代、ネットニュースの速報で榊原会見を見ているファンが多いのは事実だが、ギャビだけではなく、主催者に対しても「早く言えよ」という罵声がかなり浴びせられていた。これに関しては主催者も真摯に受け止めるべきだろう。続いて、リングに上がった神取には、大きな拍手と声援が送られ、セコンドとして堀田祐美子とともにリングサイドまで来た井上貴子は涙を浮かべていた。

 神取は「今日は本当に悔しいです。そして、ほんとに残念です。この1年、人生をかけてギャビを倒すために全身全霊かけてきました。しかし、今回のこのような結果になって、昨日も、31日になんとしてもやらしてくれと言いました。しかし、よくよく考えたらやっぱり、ルールがあるものです。ルールがあるからこの競技があり、格闘技、そして、私も去年、肋骨を怪我して1年間待たせてしまいました。そういったものを踏まえて、皆さんにお願いがあります、二人の体調が整ったら、是非闘いたいと思います。高田本部長、よろしくお願いします」

とファンに思いの丈を伝えて、実況席の高田統括本部長に改めて対戦を直訴。これに応える形で高田統括本部長もマイクを持ってリングイン。

 「今、神取忍選手からお話がありましたように、諸事情でギャビ・ガルシア対神取忍のこの一戦、流れる事になりました。(会場からはブーイングと罵声)その理由に関しましては、短めですけどご説明させていただきます。(上記の経緯を説明) でも、日本に渡航してきて、試合の前日の公開計量で、相手も準備をしている、ファンも楽しみに待ってる。それはひとつの仕事の放棄であり、もうひとつ、契約を破ったという重大な看過できない彼女にとっての過失であります」とギャビの過失を非難。

続けて、「これをRIZINの組織としての管理の甘さということで、ひとつの教訓にして、これからは皆様が楽しみにしている大事な大事なワンカードを、ひとつでも、無くすことがないように努力していきたいと思います」と運営サイドの反省と今後の改善を約束した。

 さらに、高田劇場は続き「神取選手、失礼な言い方になっちゃうけど、僕もだけど神取選手も50歳超えてます。今回このギャビ戦でMMAは一切やらないという覚悟で1年間かけて今日のためにやってきた。それがその一つの案件で台無しになりました。ただ、今本人もおっしゃったように、これで終わるわけにはいかない。もし、神取選手が、まだ、心が折れずにもう一回このままじゃ終わらねぇと、ギャビとやるんだと。オイ! 神取忍、じゃあお前はほんとに、ギャビ・ガルシアとやれんのか?」とお約束の問いかけをすると、神取は興奮しながら「やるに決まってんだよ、体調が整ってお互いが整えばやるに決まってんだろ!」と即答した。

すると、今度はリングサイドでこのやり取りを、通訳を通じて聞いていたギャビをリングに呼び込み、ギャビは野次と罵声が飛び交う中、泣きながら謝罪すると、神取が険しい表情のまま手を差し出して、ギャビと握手をした。ギャビはその後、土下座するかのように通訳の女性と一緒に正座しながら(「通訳さんは悪くない」の野次が飛ぶ)、謝罪ともう一度チャンスをもらいたいと訴え続ける。

 これを見た高田統括本部長は「人間誰でも失敗ってあるから。(場内からは「エーッ?」の声)でも、これだけ反省してることはみなさんに伝わってると思うんですよ。そうじゃない? これで終わりじゃないんでしょう! もう一回見てみようよ、ギャビ・ガルシアの動きを。皆さんいいですか? もう一回チャンスを! 彼女に、与えましょうよみなさん! こんなだけ素晴らしい選手。もう一回。よろしくお願いします」と微妙な空気に傾きつつあった場を締めて、これに神取も納得した表情で頷きながらリングを降りたため、最後は神取への声援と拍手が送られた。

 今回はバンタム級トーナメントを除けば、31日に目玉カードが集中していたこともあって、マスコミも含めて神取対ギャビは29日の目玉カードだった。昨年は神取が怪我で流れているだけに、イーブンという声もあるが、3度目の正直は万全の状態で実現させてもらいたい。そして2018年に54歳を迎えるミスター女子プロレス神取忍の挑戦に浪漫を感じようではないか。

取材・文 / どら増田
カメラマン / 萩原孝弘

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ