search
とじる
トップ > 社会 > JR西日本駅員の定期券不正換金 暴力団の資金源か?

JR西日本駅員の定期券不正換金 暴力団の資金源か?

 JR西日本駅員による定期券の不正発行、換金事件が暴力団の資金源になっていた可能性があることが分かった。

 兵庫県警暴力団対策課などは8月21日、JR西日本・山陽線明石駅(同県明石市)の元駅員による定期券不正換金事件で、明石市の指定暴力団山口組系暴力団組長、細田利和(44=明石市魚住町)と同居の元妻・徳岡裕子(43)の両容疑者を、有価証券虚偽記入容疑で逮捕した。2人は「全く知らない」などと容疑を否認しているという。この事件では元駅員3人を含む4人が、詐欺罪などで起訴されている。

 逮捕容疑は昨年12月5日、元駅員で5月に逮捕された宇留島剛被告(50)=詐欺罪などで公判中=らと共謀し、同線朝霧駅で姫路〜京都間の6カ月の通勤用磁気定期券2枚(計約63万円)を、細田容疑者らの名義で不正に発行したとしている。捜査関係者によると、これ以前にも、同駅の端末を使って再発行を繰り返していた疑いがあると見て、余罪を追及する方針。

 県警によると、細田容疑者と宇留島被告は、06年頃に明石市内の飲食店で知り合ったもよう。宇留島被告は「換金した現金の一部は細田容疑者にも渡した」と供述しており、着服したカネの中から、細田容疑者へ月に数万〜数十万円単位で渡したとみられている。県警は着服金が暴力団の資金源になっていたとみて、裏付けを進める。

 JR西日本によると、宇留島被告らは、今年2月までの5年8カ月間で計659回にわたり、定期券を不正に換金し、約8600万円を着服したとされる。不正発覚後、宇留島被告らは3月21日付で、同社を懲戒解雇処分となっていた。
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ