search
とじる
トップ > スポーツ > セクハラで大学をクビになった元柔道五輪金メダリストの内柴氏が法廷闘争を視野に入れた!

セクハラで大学をクビになった元柔道五輪金メダリストの内柴氏が法廷闘争を視野に入れた!

 04年アテネ五輪、08年北京五輪の柔道66キロ級金メダリストで、九州看護福祉大(熊本県玉名市)の女子柔道部コーチ、客員教授を務めていた内柴正人氏(33)が、11月29日付でセクハラ行為により同大から懲戒解雇処分とされたことは、リアルライブで報じた通り。

 内柴氏は9月19日、被害者とされる女子部員とホテルで、未成年であることを承知でともに飲酒した上、セクハラ行為に及んだとされた。同大は行為の詳細については明らかにしなかったが、内柴氏は「合意の上だった」と行為自体は認めているといわれている。

 その内柴氏が12月2日、自身のブログを更新した。ブログによると、「先輩と弁護士さんとお蕎麦屋さんを出るとビデオカメラを持った人が現れた。凄いよね」「大切なことは弁護士さんと相談して動き、大切なことはここに書いていきたいと思います」と記し、訴訟の準備を始めていることを匂わせた。

 一方で、内柴氏は「どんだけ嫌われたとしても、拒絶されても、アイツらの柔道が心配で心配でしょうがない」「『内柴はバカだったけど、部員は勉強も柔道も大変ななか、試合にも優勝して素晴らしい』。そう言われたらうれしい。」と、同大女子柔道部を心配するコメントも残している。

 学長の記者会見については、「いろんな、『え〜〜』がたくさんありますけど、まあ、いいです」と言及を避けた内柴氏。

 現状、法廷闘争に持ち込んでも、大学側の有利は動かないが、仮に同大がまとめた調査内容が事実無根であれば、一発逆転もあり得る。今後の内柴氏の動向が注目されるところだ。
(落合一郎)

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ