清原和博とクロマティ「暴れん坊コンビ」緊急合体浮上

スポーツ 週刊実話 2019年11月12日 18時03分

清原和博とクロマティ「暴れん坊コンビ」緊急合体浮上提供:週刊実話

 “元番長”清原和博氏(52)を監督に迎える「ワールドトライアウト(以下=WT)」の概要説明が10月30日に行われた。メジャーリーグ挑戦を夢見る日本の元プロ、アマチュア選手、そしてNPB入りを目指す外国人選手が実戦形式のテストを受け、その場には日米のスカウト、編成担当も招待されるという。
「清原氏は受験選手の審査員も務めます。本当にいい選手がいれば、NPBやメジャースカウトがオファーを出すでしょう。清原氏が合格させ、スカウトの目に止まらなかった選手はどうなるかというと、彼らでチームを結成し、対外試合をこなしていく予定です」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、見どころのある選手なら、戦力外通告はされないし、アマチュア選手にしても、光るものがあれば、先日のドラフト会議で指名されているはずだ。つまり、清原氏のWTは、磨けば光る“原石の中の原石”を発掘していくわけだ。

 対外試合についても、こんな声が聞かれた。
「国内独立リーグや、社会人チーム、プロ野球の三軍と試合をしていくことになります。とはいっても、彼らには定期戦があります。WT側が満足できる試合数はこなせないのではないか?」(球界関係者)

 また、ある社会人野球の裏方スタッフがこんな「内情」を打ち明けてくれた。
「高校、大学から社会人チームに進んだアマチュア選手は、多かれ少なかれ、将来のプロ野球入りを目指しています。会社としても、『野球メイン』の契約社員をいつまでも抱えているわけにはいきませんから、その夢を応援してあげたいと思っています。定期戦以外の試合目的は、調整。そして、チームとして、あるいは選手にとってプラスになるか否かが問題です。プロの三軍と積極的に試合をするのはそのためで、知名度の高い選手がいるとか、話題性のあるチームとしか試合をしません」

 ならば、“監督・清原”の知名度、話題性は十分すぎるくらいある。概要説明の会見で久々に表舞台に現れた清原氏は、「自分はまだ執行猶予中の身ですし、野球に携わることができることを嬉しく…。感謝の気持ちしかない」と、意気込みを語っていた。

 しかし、彼1人では限界があるのも事実だ。
「清原氏の登場と前後して、球界全体が首を傾げる動きがありました。10月29日に来季の巨人コーチスタッフが発表されましたが、ヘッドコーチに清原氏の弟分の元木大介氏が抜擢されたのもそうでしたけど、それ以上にビックリだったのが、OBのウォーレン・クロマティ氏(66)にアドバイザー的な役割を依頼したことです」(前出・記者)

 今年8月から「ゲスト」としてチームに帯同し、若き主砲の岡本和真らにアドバイスを送り、それが好評だったというクロマティ氏。しかし、11月3日時点で保留した状態だという。
「クロマティ氏は就労ビザでの来日だったため、ゲスト扱いでした。原監督と同じ時代を支えた功労者でもあり、巨人側が次の仕事(収入)を約束したと見ることもできますが、なぜ返事を保留したのか理由が分かっていません」(同)

 このクロマティ氏がアドバイザー職を保留した理由について、「監督職に魅力を感じているようだ」という情報が聞こえてきた。かつて、米独立リーグの監督を務めたことはあるが、日本球界との縁はまだない。
「巨人以上に彼を評価しているチームはないと思います。他にもっといい話があれば別ですが。ユニホームを着てグラウンドに立ちたいのでは?」(同)

 WTが清原氏を監督に選んだ理由は「再チャレンジ」だ。日本球界で今度は指導者として活躍したいとするクロマティ氏の思いとも合致する。そのため、「クロマティ氏は巨人とWTを天秤にかけているのではないか?」とも言われている。
「クロマティ氏がWTでメジャーにスカウトされる様な選手を育てれば、巨人以外の他球団も見方を変えるはず。それに、米球界とのパイプ作りにも一役買ってくれそう」(ベテラン記者)

 そんな2人には、共通点もある。清原氏は西武時代、デッドボールに憤怒し、相手投手にジャンピング・ニーバットをお見舞いしたことがある。クロマティ氏も同様に、相手投手にパンチを浴びせたことがあった。乱闘は行きすぎだが、2人とも“熱いスピリット”の持ち主であることは間違いない。必然的に、熱い指導も期待できそうだ。

 そんな両氏がスクラムを組めば、プラス材料がなければ試合をしないとする独立、社会人チームも見方を変えるだろう。
「独立リーグの立ち上げを検討している企業、団体があるんです。その初代監督として、クロマティ氏にオファーを出しているのかも。彼は監督になりたいとの思いが強いので」(同)

 合体か、あるいは清原対クロマティの再現か…。’87年日本シリーズで、中堅・クロマティの緩慢な中継プレーを清原のいた西武に見透かされ、明暗が分かれた。その第2ラウンドとなるのも興味深い。

 いずれにせよ、清原氏の現場復帰でプロ野球以外の試合も面白くなりそうだ。

ピックアップ
スポーツ新着記事

プロレスラー世界遺産 伝説のチャンピオンから未知なる強豪まで── 「山崎一夫」ファンに愛された“いい人”の葛藤
2019年12月15日 08時03分

注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る