search
とじる
トップ > トレンド > 【今行く映画館】美しくも激しい、美少女達のバトルアクション。『エンジェル ウォーズ』

【今行く映画館】美しくも激しい、美少女達のバトルアクション。『エンジェル ウォーズ』

 ザック・スナイダー監督による、異世界でバトルを繰り広げる美少女たちの物語。セクシーなコスチュームで熱いアクションを見せる5人の少女たちに、エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン、ジェイミー・チャンとフレッシュな若手女優が起用され、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」以降、人気が急上昇しているヴァネッサ・ハジェンズにも注目。

 母の死後、遺産を狙う義父により、精神医療施設に収容されてしまった少女・ベイビードール(エミリー・ブラウニング)。彼女は施設の中で、自由を夢見て空想し、自由を手に入れるためには、地図、火、ナイフ、鍵、そしてもう一つのあるものを手に入れろと賢人から助言を授かる。ベイビードールは同じ境遇の仲間と共にバーチャル兵器を駆使してサムライや悪魔との幻想的な戦いに挑むが…。

 美少女たちが巨大な敵を相手に、マシンガンや日本刀、戦闘用ロボットなどで闘う姿を、「300<スリーハンドレッド>」、「ウォッチメン」のザック・スナイダー監督ならではの迫力ある演出で見せる。想像の世界を作り出したヒロインが、4人の女戦士と共に幻想的な戦いに挑むバトルアクション超大作。コンピューターゲームの世界に迷い込んだような映像に、時折浮かぶ漢字や鉄兜など、カルチャーとしてのジャポニズムもユニークだ。

『エンジェル ウォーズ』
丸の内ピカデリーほか全国ロードショー中
(公開劇場の営業時間、上映時間などをお確かめの上お出かけください)
監督:ザック・スナイダー
出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、 ジェナ・マローン、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジェイミー・チャンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ