search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 実はオラオラ系? TOKIO山口、TV番組でガチギレの過去

実はオラオラ系? TOKIO山口、TV番組でガチギレの過去

pic pic

画像はイメージです

 ジャニーズアイドルグループTOKIOの山口達也が、自宅において女子高生にキスをするなど強制わいせつ行為を行ったとして書類送検されていたことがわかった。本人も容疑を認めている。

 山口といえば、TOKIOメンバーのなかでも温厚なイメージがあり、まさか彼が…の声も相次いでいる。だが、山口はもともとはヤンキーキャラとして知られる。

 「1999年から2003年に放送されたTOKIO出演のバラエティ番組『ガチンコ!』(TBS系)は、元プロボクサーの竹原慎二が講師を務めた『ガチンコファイトクラブ』などの企画で、多くのヤンキーたちが登場しました。番組では、生意気な態度を取る彼らに山口がマジギレしたこともありますね。プロレーサーを作る『ガチンコバリバリ伝説』では、特攻服を着る暴走族の構成員に『本気でやりたいなら、そんなものは今すぐ脱げ』と迫真の表情で迫っていました」(芸能ライター)

 もちろん、そこでも「生真面目な山口くん」の印象は崩れないままであった。そんな彼がなぜ、事件を起こしてしまったのだろうか。

 「山口は2008年に元モデルの女性と結婚し、2人の子供も産まれていますが、2016年に離婚しています。はっきりとした理由は語られていませんが、山口が『自らの不徳のいたすところ』と語っていることから、浮気が原因ともいわれていますね。元ヤンキャラからもわかるとおり、気に入った女性にはグイグイと迫る“オラオラ系”の要素があるのかもしれません」(前出・同)

 ただ、いくら“オラオラ系”アイドルとはいえども、46歳の人間が未成年を自宅に連れ込み、酒を飲ませキスを迫る行為は完全にアウトではあろう。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ