search
とじる
トップ > 社会 > 新潟の中学教諭がコインランドリーで女性の下着盗む

新潟の中学教諭がコインランドリーで女性の下着盗む

 新潟県警長岡署は10月6日、コインランドリーで女性の下着を盗んだとして、窃盗の疑いで、長岡市立堤岡中学校の男性教諭(51=同市下々条町)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月下旬、同市三和のコインランドリーで、30代女性の下着4点(約4000円相当)を盗んだ疑い。

 調べに対し、教諭は「忘れ物の置き場から持ってきて、車の中に入れていただけ。盗んでいない」と苦しい弁明をしているという。

 教諭は9月4日、同じコインランドリーで、同様の手口で、40代女性の下着を盗もうとしたとして、窃盗未遂の疑いで、翌5日に逮捕された。

 教諭が洗濯機を開けて、下着を物色しているところを女性に見つかって、もみ合いになり、巡回中の警察官が取り押さえた。

 その際も、教諭は下着などを触っていたことは認めたが、「盗むつもりはなかった」と一部容疑を否認をしていた。

 当時、教諭は家庭の事情で、8月頃から車で寝泊まりをしていたが、その後の捜査で、車内から複数の下着が見つかっており、同署では余罪があるとみて調べていた。

 窃盗未遂容疑については、長岡区検が「窃盗の犯意を認める証拠が不十分」として、9月25日付で不起訴処分(嫌疑不十分)としていた。

 せっかく、不起訴となったのに、余罪で再び逮捕されてしまった教諭。さすがに、今回は逃げ切ることはできないか?
(蔵元英二)

関連記事


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ