search
とじる
トップ > トレンド > 【今行く映画館】パワフル&セクシー、ステージに咲いたバンドガールズの華。『ランナウェイズ』

【今行く映画館】パワフル&セクシー、ステージに咲いたバンドガールズの華。『ランナウェイズ』

 1970年代に突如現れ、熱狂的な人気を誇ったガールズ・バンド、ランナウェイズ。現在渋谷のシネクイント他で上映中の映画『ランナウェイズ』は、今では当たり前となったランジェリースタイルで歌う女性ロッカーの先駆けとなった彼女たちのバンド結成から音楽への熱い思い、友情、苦悩などを当時の懐かしいロックの熱気と共にみずみずしく描く。言わずと知れた世界的スターのダコタ・ファニングをはじめ、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートら人気若手女優による、パワフルでセクシーなステージが見もの。30年経った今でも「男性優位」と言わざるおえないロックの世界で、当時10代半ばでその道を突き進んだランナウェイズの快進撃に驚かされる事間違いなし、異色の音楽映画となった。

 1975年、ロサンゼルス。女友達と音楽活動に熱中しているジョーン・ジェット(クリステン・スチュワート)は、敏腕プロデューサーキム・フォーリー(マイケル・シャノン)に見いだされ、美しい金髪の少女シェリー・カーリー(ダコタ・ファニング)をボーカルに加入し“ランナウェイズ”としてバンドデビュー。華々しく売り出される事に。平均年齢16歳のランナウェイズは過激でセクシーなボーカル・シェリーが話題となり世界中で人気のバンドに成長していくが…。

 原作はランナウェイズのシェリー・カーリー著の『NEON ANGEL』。エグゼクティブ・プロデューサーにジョーン・ジェットという当事者によるスタッフ、イタリア出身の女性アーティスト、フローリア・シジスモンディによる監督で、よりリアルで美しいガーリー映画に完成した。

映画『ランナウェイズ』はシネクイント他全国ロードショー中。
(公開劇場の営業時間、上映時間などをお確かめの上お出かけください)

監督:フローリア・シジスモンディ
エグゼクティブ・プロデューサー:ジョーン・ジェット
出演:クリステン・スチュワート、ダコタ・ファニング、マイケル・シャノン
原作『NEON ANGEL』(シェリー・カーリー著)

公式HP<http://www.runaways.jp/>
(C)2010 Apparition,LLC.All Rights Reserved.R-15

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ