search
とじる
トップ > レジャー > 「ダートなのに展開パターンが多いのです」ユニコーンステークス 藤川京子の今日この頃

「ダートなのに展開パターンが多いのです」ユニコーンステークス 藤川京子の今日この頃

pic pic

藤川京子

 ダート戦ですので、出来るだけ数字に素直に予想していきたいのですが、芝から参戦して来る馬もいるので、少し注意が必要かもしれません。それを踏まえて、よく見えるのが青竜S組の1、2、3着からデュープロセス、デアフルーグ、ニューモニュメントが有力だと思います。特にデュープロセスは、好位置から抜け出した上に、力もある所を見せつけて勝ちました。デアフルーグは、鞍上の好騎乗で後ろからですが最内の最短距離で理想的な競馬でしたけれど、それでもデュープロセスには届きませんでした。ニューモニュメントも良い末脚を使ったのですが、少し後ろ過ぎたのか届きませんでした。

 この3頭は同じ東京で距離も同じなので、同じように走る事が出来ればタイム的には他の馬は追いつけないと思います。でも、レースなので同じような展開にはなりませんし、3歳戦なので本当の力を発揮出来ていない馬もいると思います。それを考えると、ヴァイトブリックがまだまだ伸びそうな気配です。戸崎騎手の好騎乗もありますが、兵庫CS組は馬券に絡む事が多いし、この時は重馬場でしたけれど好タイムでしたので、デュープロセスを負かすとしたらこの馬かもしれません。

 それと、芝からの参戦するNHKマイル組のワイドファラオとロードグラディオですが、最内に入った角居厩舎がダービーを思い起こさせます。まんまと逃げ切られてしまいました。しかも、この馬は前に行くことが出来ますし、東京のダート1600mはスタートが芝です。ダッシュは効くと思いますし、ロードグラディオも前走は出遅れてしまいましたが、本来は前で競馬をする馬です。スタートが芝である条件を最大限に使って来ると考えれば、芝組も侮れないと思います。

 もし、この2頭がダート適性が無かった場合は、端午S組のヴァニラアイスも有り得ます。持ち時計としては、ギリギリ同じ持ち時計の馬が馬券に絡んだ事もあるのです。但し、前に行く馬が多いと思うので、もしかしたら前が崩れる可能性もあります。展開が多く予想されるので馬券は細切りにして行きます。
ワイドBOX 8、3、6
ワイドBOX 1、9、11
ワイドBOX 8、1、10
ワイドBOX 6、13、8

関連記事


レジャー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

レジャー→

もっと見る→

注目タグ