search
とじる
トップ > 芸能ネタ > ロンブー田村淳が子どもたちへエール「自分の中に強い思いがあればそれでいい」

ロンブー田村淳が子どもたちへエール「自分の中に強い思いがあればそれでいい」

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳が15日、東京・渋谷区の複合商業施設「表参道ヒルズ」で開催中のイベント『笑楽校 presents SUMMER SMILE SCHOOL!』の特設教室で、子どもたちといっしょに作る特別授業「みんなでソフトバンクみまもりケータイの新機能を考えよう!」を行った。

 『笑楽校』は、よしもとと東京学芸大学がコラボした、「おもしろいこと」を通して子どもの元気と未来を育てる学校で、9月に本開校。開校に先立ち、今月9日から18日まで表参道ヒルズで、家族でいっしょに笑って、楽しんで、学べる夏のイベント『SUMMER SMILE SCHOOL!』が開催中。この日は、ロンブー淳が講師となり、子どもたちと、防犯ブザーがついたソフトバンクの「みまもりケータイ」に、さらにどんな機能をつけたいかを考えた。

 夏休み中の子どもたちが詰めかけた教室では、講義が始まると、淳が、自分が楽しいと同時に、周りの人が楽しんでくれそうな機能を考えようとヒントを出し、子どもたちが班に分かれて、アイデアを出し合った。班ごとの発表では、動物の言葉を翻訳してくれる機能や言葉で操作ができる機能など創造性豊かなアイデアが飛び出した。子どもたちから、遊び過ぎないようにするための時間制限機能が発表された際は、教室の後ろで見守っていた保護者たちから拍手が起こる一幕も。

 淳は、「頭の中に浮かんだアイデアを人に伝えるという作業をこれからもずっと続けてほしいと思います。恥ずかしがる必要はないです。バカにされても、自分の中に強い思いがあればそれでいいのです。思いついたことを人に発表できる人になっていただきたいです」と子どもたちにエールを送り、「夏休み中に、こんなふうにしたら人生を楽しめるなとか、こんなふうにしたら夏休みが楽しくなるなということを、空を見ながらぜひ考えてください」と語り掛けた。(竹内みちまろ)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ