search
とじる
トップ > スポーツ > 「想像と違った」元中日・吉見氏、古巣にエール マスクで“青い鉄壁”、守備応援の特命大使に! 久々のマウンドはまさかの結果に?

「想像と違った」元中日・吉見氏、古巣にエール マスクで“青い鉄壁”、守備応援の特命大使に! 久々のマウンドはまさかの結果に?

pic pic

⒞DRAGONS BLUE WALLプロジェクト

 21日、中日ドラゴンズとアラクスが立ち上げた新プロジェクト『DRAGONSBLUE WALL』の特命大使の就任記者会見が行われた。会見には、2020年に引退した元ドラゴンズで特命大使に任命された吉見一起氏が登場した。

 同プロジェクトは、アラクスが2020年1月にドラゴンズのオフィシャルサポーターになったことをきっかけにスタート。“かつてない守備応援プロジェクト”と称して、ドラゴンズの守備の際に、球団のロゴマークが印字された青い“PITTA MASK”を来場客に着用してもらい、球場全体で青い鉄壁『DRAGONS BLUEWALL』を演出する。マスク着用が必須となる球場応援の新常識を、守備時の応援という形で提唱するプロジェクトになっている。

 >>全ての画像を見る<<

 昨シーズンに現役を引退し、現在は解説者として活躍している吉見氏。会見のオープニングでは、吉見氏が出演しているCMも発表された。CMでは、吉見氏がスーツ姿でマウンドに登場。その時の心境を聞かれると、「いつもはユニフォームでマウンドに立っていたのですが、まさかスーツで立つとは思ってもいなかった。いざ立つと特に変わったことはなく、慣れ親しんできた投げやすいマウンドでした」と撮影を振り返った。

 さらに、今シーズンのドラゴンズの調子や投手陣の活躍を聞かれると「5位(5月20日現在)というのは想像と違った。しかし大野が先発として戻ってくるので、ここから上がっていって欲しい。泥臭く当たり前のことを当たり前にやれば、もっと点が入って順位も上がる。まだ100試合程度あるのでこれからです」と、選手目線を織り交ぜながら回答していた。

 会見後には、PITTA MASK姿の吉見氏によるセレモニアルピッチも実施。2020年度の本拠地最終戦以来の登場となり、球場を熱く盛り上げていた。スーツ姿でマウンドに向かった吉見氏は、現役時代と変わらぬフォームで投球。しかし、そのボールはストライクゾーンを外れる結果に。投げ終わると、大きな拍手がおくられ球場全体が温かな空気に包まれていた。

 ピッチを終えた感想を吉見氏は、「緊張感は一切なく、むしろ楽しみにしていた。ストライクを入れることは簡単だと思っていたが、いざ投げてみると、実際はボールになってしまった。現役時代のように肩が上がらなかったのは悔しい」とコメントを寄せている。

 キャンペーンサイトでは、吉見氏がマウンドに立っていた時の想いなどを明かしたインタビューが公開されている。さらに、会見で発表されたプロモーションCMもアラクス公式YouTubeチャンネルにて公開中。

キャンペーンサイト
https://www.arax.co.jp/pittamask/dragonsbluewall/yoshimi-collaboration/

アラクス公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBLPrEFHUihVnvhBA34nqsQ

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


スポーツ→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ