search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 本選にプレッシャーかけた? ベテランピン芸人の大会『R-1クラシック』、初代王者はヒューマン中村!

本選にプレッシャーかけた? ベテランピン芸人の大会『R-1クラシック』、初代王者はヒューマン中村!

pic pic

ヒューマン中村(c)R-1ぐらんぷりクラシック

 ヒューマン中村が6日、COOL JAPAN PARK OSAKATTホールにて開催された『R-1ぐらんぷりクラシック~集え!歴戦の勇士たち~』で王者に。賞金50万円と、副賞として丸万寿司の食事券10万円、上太巻100本が贈られた。

 今年、大会名をカタカナ表記(R-1グランプリ)に改題し、参加規定も芸歴10年以内に変更された『R-1』。『R-1ぐらんぷりクラシック』は、芸歴の関係で出られなかった11年目以上の芸人が対象の大会で、『M-1グランプリ2020』で決勝進出したウエストランド井口や、過去大会優勝経験のある中山功太など、総勢35名が参戦した。

 >>全ての写真を見る<<

 観客投票で見事優勝し、『MVP(エム・ブイ・ピン)』となった中村は、大阪で活躍する吉本興業所属のピン芸人。『R-1』で6度ファイナリストとなっている決勝常連組で、本大会では『「桃太郎」を彩る脇役たち』と題したフリップ芸を披露し、会場の爆笑をかっさらっていた。

 大会終了後のオンライン会見で、胸中を問われた中村は「出場資格がなくなって途方に暮れていた時に、こういう大会を開いていただいただけでありがたいし、そこで(優勝を)獲れたっていうのも大きい。これでようやく『R-1』に一区切りつけて、次に進めるので、ホッとしたのが一番大きいです」とコメント。また、賞金50万円も嬉しいようで、「『R-1グランプリ2021』の賞金は500万円じゃないですか。でも、未来ある若手の500万円より、くすぶっている芸歴18年目の50万円の方が重いんですよ!」と熱弁。続けて、「50万円なら、ちょうど税理士つけなくても、自分で確定申告できそうじゃないですか」と述べて、記者を笑わせた。

 そんな中村は、コロナで仕事が減り、第七世代ブームにも乗れず、仕事も月に10本程度の状況だという。「お金は生きるために必要でした」とポツリ。賞金は、生活費のほか、後輩への恩返しや、自分の体のメンテナンスに充てるとしつつ、「(副賞が)太巻100本ということで、今年は飢え死になしが確定した。飢え死にのスケジュールが仮で入っていたんですけど、バラシになりました」とユニークに例えた。

 また、取材には今大会のMCを担当したザ・プラン9の浅越ゴエも同席。今回、司会をしなければ大会に出場する意向だったという彼は、本大会の振り返りを求められると、「(7日に開催される)『R-1』にプレッシャーかけたんじゃないかっていうくらい、めちゃくちゃ盛り上がりましたね」と語る。そんな中でも、中村のネタには爆発力があったとし、「みんな受けていたんで、(笑いの量は)突き抜けたとは言い切れないんですけど、心の中に訴えかけるようなネタだったから、票に結びついたんじゃないかなって思います」と総評した。

『U-NEXT R-1グランプリ2021』
3月7日(日)よる7時~9時 
カンテレ・フジテレビ系全国ネットにて生放送(一部地域除く)
決勝進出者(当日ネタ披露順):
(復活ステージ勝者)、ZAZY、土屋、森本サイダー、吉住、寺田寛明、かが屋 賀屋、kento fukaya、高田ぽる子、ゆりやんレトリィバァ

MC:霜降り明星、広瀬アリス
審査員(五十音順):麒麟 川島明、古坂大魔王、陣内智則、友近、ハリウッドザコシショウ、ホリ、マヂカルラブリー 野田クリスタル

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る

タグから探す


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ