search
とじる
トップ > ミステリー > 新型コロナに効く「魔法の薬」や奇跡…世界中で起きている「奇跡」の狂想曲

新型コロナに効く「魔法の薬」や奇跡…世界中で起きている「奇跡」の狂想曲

pic pic

画像はイメージです

 2019年末に中国の武漢市で確認された新型コロナウイルス感染症は、およそ1年経った現在でもなかなか収束を見ない。ようやく開発されたワクチンの接種も行われているが、全ての人々に行き渡るまではまだ時間がかかるとみられている。

 こんな状況が続けば新型コロナの特効薬が欲しくなってしまうのが人の心理だが、スリランカで「新型コロナにかからない」という触れ込みの「魔法の薬」が登場。人々がこぞって手に入れようとする事態が発生した。

 問題の薬はスリランカの大工が「ヒンドゥー教の女神カーリーから独自に授かったレシピ」をもとに作ったものという。なんとスリランカの保健大臣Pavithra Wanniarachchi氏が服用してお墨付きを与えてしまったこともあり、一気に広まってしまったようだ。なお、この「魔法の薬」を飲んだ人の中には他の大臣や政治関係者も含まれていたという。

 ところが23日、スリランカ政府はWanniarachchi氏の新型コロナ感染を発表。問題の「薬」に何の薬効も存在しないことを、はからずも保険大臣本人が立証することになってしまったのである。

 ​>>新型コロナに悩まされるインドにて、新たな奇病が発生!?<<​​​

 そもそもWanniarachchi氏は信心深い人物だったようで、昨年11月にも新型コロナウイルス感染症のパンデミック収束を祈願し、他の聖人の勧めで聖水を川に流す儀式も行っていたという。

 新型コロナウイルスのパンデミックは、世界各地に混乱をもたらした。スリランカの事例は極端な例かもしれないが、他にも様々な新型コロナに関連した「奇跡」が報告されている。

 南米コロンビアでは、首都ボゴタにあるパン屋の駐車場で、「染み出た水が聖母マリアのような姿を生み出した」として話題になった。しかもパン屋で働く人たちの中に新型コロナの陽性者がいなかったため、「病気から救ってくれる聖母マリア」として多くの人々が祈願に訪れる場所となったのだ。

 コロンビアでは昨年4月、「木にイエス・キリスト像が浮かぶ」奇跡の写真が撮影されたことをきっかけに、大勢の人々が巡礼に集まる騒動に発展した事例もあった。この木に浮かんだキリスト像は、新型コロナで都市封鎖となったコロンビア北部の町・マガンゲの大木に出現したもの。町の人々は「新型コロナから人類を救うためにイエス・キリストが降臨したのだ」として外出制限が出ているにもかかわらず、奇跡を求めて集まってしまったのだそう。これでは本末転倒である。

 病気を恐れる気持ちは誰もが抱くものだが、正しく警戒して予防することが何より重要である。むやみに信じ込んでしまうと、かえって正確な病気予防や対策を妨げてしまうのだ。

(山口敏太郎)

関連記事

タグから探す


ミステリー→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

ミステリー→

もっと見る→

注目タグ