search
とじる
トップ > スポーツ > WWEと契約のSareeeが初代タイガーマスクに渡米決定報告「アメリカでもチャリティー精神で」

WWEと契約のSareeeが初代タイガーマスクに渡米決定報告「アメリカでもチャリティー精神で」

pic pic

Sareee

 初代タイガーマスク後援会、ストロングスタイルプロレスが記者会見を都内にて実施した。会見には初代タイガーマスク(佐山サトル)、WWEと契約し、このたびようやく渡米が決まった女子プロレスラーのSareeeらが出席した。

 まず、『初代タイガーマスク佐山サトル ストロングスタイルプロレス』の日程を発表。延期を発表している1月28日大会の振替は3月3日に東京・後楽園ホールで開催する。また、「1981年4月23日に蔵前国技館でデビューしました初代タイガーマスクのデビュー40周年となります」として記念大会を4月22日に開催することも決定。今年はメモリアルイヤーなだけに特別な年になりそうだ。

 ストロングスタイルプロレスは「『初代タイガーマスクデビュー40周年記念大会』では、初代タイガーマスク/佐山サトル総監も何らかの形でリングに上がれます様リハビリを行い、体調は上向いてきております。また、ゆかりのある関係者の皆様をお招きできるよう、今後お声がけをさせてくただきたく思います」と明かしており、これは期待したいところ。

 初代タイガーマスクは「(後援会)会員の皆さんの協力を得て、新間寿が動き、Sareeeさんにも入っていただき、初代タイガーマスク後援会は非常に強い団体に育っていこうとしています。新間寿が動けばそこに雷鳴が轟き、全てが成功する、こういう形を取っていきます。3月3日は一つだけ危惧する事があります。3月3日は藤原敏男の誕生日という事で、会場が危なくなるんじゃないかと思います。これは冗談です。4月23日が初代タイガーマスクのデビュー戦です。4月22日はそれを記念して私も何らかの形でリングに上がってみたいと思います。私の身体の調子は非常に良くなってきています。今後も一般社団法人初代タイガーマスク後援会の活動とストロングスタイルプロレスの活動に邁進していきますのでよろしくお願いします」と挨拶。

 日本でのスケジュールを全て終了し、渡米が決まったWWEのSareeeは「この度、WWE参戦へ向け、まもなく渡米する事が決まりましたので、新間寿会長、佐山サトル先生へご報告、ご挨拶をさせて戴きました。一昨日も『一般社団法人レスキュードアニマルネットワーク湘南台シェルター』様へ訪問させていただき、気持ちばかりですが、物資を寄贈させていただきました。アメリカへ行ってからも、佐山サトル先生から受け継がせて戴いたチャリティー精神で、沢山の人の役に立てる様な社会福祉活動をしていきたいと思います。そして、WWEでスーパースターになって、しっかりと頑張ってきたいと思います。新間寿会長、佐山サトル先生、今後ともよろしくお願いします」と渡米決定の報告をするとともに、世界的な飛躍を誓った。

 この報告を受け、初代タイガーマスクから「Sareee選手、WWEへの出場というのは、非常なプレッシャーがあると思います。でも、自分はしっかりとしたストロングスタイルをやってきたんだという自信を持って、絶対に負けない様に、大スターになってください。期待しています」とエールが送られている。Sareeeも初代タイガーマスク同様、ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデンの舞台でアメリカのファンを熱狂させることが出来るのか注目したい。

(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ