search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 2020年不倫芸能人、損害賠償額1位はやはり東出昌大

2020年不倫芸能人、損害賠償額1位はやはり東出昌大

pic pic

東出昌大

 2020年も多くの芸能人の不倫が発覚し、そのたびに世間を騒がせた。そんな中、最も話題となったのは今年“トップバッター”となった俳優の東出昌大と、ゲスすぎる不倫内容で好感度を地に落としたお笑いタレントの渡部建だった。

 「女優の杏とおしどり夫婦で知られ、双子含む3人の子どもに恵まれていた夫妻ですが、今年1月に不倫が発覚。くしくも主演ドラマ放送中で、映画公開も控えていたこともあり謹慎に入ることもできず、バッシングが長引いていました。東出が批判された最大のポイントは、父で俳優の渡辺謙の不倫に悩まされていたであろう杏を妻に持ちながら、子育てにも非協力的で年下女優の唐田えりかと不倫を繰り返していた点。出演していた4社のCMは打ち切りとなり、損害賠償金は3億円超と言われています」(芸能ライター)

 ​>>東出昌大が周りのバックアップ得られるワケ 不倫相手の先輩から共演NGも仕事は順調?<<​​​

 また、スキャンダル発覚当時、3本のCMに出演していた渡部建の損害賠償金も億超えで、東出に次ぐ高さだという。

 「渡部と言えば、不倫発覚前はレギュラー番組8本を抱える超売れっ子。芸能界の『グルメ王』とも呼ばれており、妻はモデルで女優の佐々木希。まさに順風満帆でしたが、その裏では浮気を繰り返し、時には多目的トイレに女性を連れ込んでお金も渡していたことが発覚し、大バッシングを浴びました。渡部は『週刊文春』(文藝春秋)での報道直前に番組出演全面自粛を申し入れたものの、CMの違約金、損害賠償金は避けられず。その金額は1億円超と言われています」(同)

 さらに、不倫相手と5年間も交際を続けていた歌手の近藤真彦も芸能活動自粛となり、CM1本が打ち切られた。

 「11月に、25歳年下の女性との5年間の不倫を報じられた近藤。昨年亡くなったジャニー喜多川氏の誕生日会にも不倫相手を出席させるなど、その面の皮の厚さで大きな批判を浴びました。近藤は芸能活動よりもレーシングを中心に活動していたこともあり、CMの打ち切りは1本のみ。2人に比べるとさほど高額にはならないようですが、レーシングチーム監督としての活動も見合わせとなったため、収入は大きくダウンとなったでしょう」(同)

 家庭がありながらの身勝手な行動。代償はあまりに大きいようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ