search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ナイナイ岡村結婚に「焦っている」江頭2:50、あえて結婚しないカッコよすぎる理由とは

ナイナイ岡村結婚に「焦っている」江頭2:50、あえて結婚しないカッコよすぎる理由とは

pic pic

江頭2:50

 ナインティナイン岡村隆史の結婚発表に、芸能界では祝福ムードに沸いている。岡村と『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で共演するなど縁の深い江頭2:50も、自身のYouTubeチャンネルに、岡村へのお祝いメッセージを投稿。一方で「焦ってる」と現在の正直な心境を告白している。

 ​>>ナイナイ岡村、矢部の「結婚したら」説教は前振り? aikoは涙、発表の瞬間の写真にも反響<<​​​

 江頭は1965年生まれで、2020年に55歳となった。デビューは1988年であり、芸歴年齢ともに、岡村よりも先輩にあたる。ナイナイが新人の時期に出演していた『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)の共演者としても交流があった。今田耕司とは同学年であり、最年長独身芸人の一人と言える。

 江頭は、その芸風から「結婚できない男」といったイメージを持たれやすいが、実情はどうなのか。

 「結婚できないのは、まさにその芸風が関係しているようですね。裸になったり、叫んだりといった『お騒がせ芸』をやるにあたって、結婚相手が『江頭の嫁』と世間から批判をされるのは忍びないと考えているようです。江頭は、岡村に同じく舞台裏では大人しく非常に真面目な人物としても知られていますから、あり得ない話でもないでしょう。さらに、岡村は性風俗店通いを公言していましたが、江頭も無類の風俗好き。このあたりは、リアルに結婚から遠い事情ともなりそうです」(芸能ライター)

 かつて、ダウンタウンの松本人志は、独身時代の90年代に記したエッセイの中で、男の芸人は結婚して子どもが生まれるなど、家庭を持った場合は、丸くなりつまらなくなるといった持論を展開していた。もちろん賛否両論はあるだろうが、当時の松本が得ていた一つの感覚であるのは確かだろう。江頭の芸風も、安定とはほど遠く、独身ゆえに成立するとも言えそうだ。

 江頭にとって、岡村は似た者同士としてシンパシーを感じていたようにも見える。岡村の結婚に触発され、彼の周辺にも何かしらの動きが生まれる可能性もありそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ