search
とじる
トップ > 芸能ニュース > ファンが「お別れの会」を待ちわびる中…死後も複雑な家族関係での問題が浮上した三浦春馬さん

ファンが「お別れの会」を待ちわびる中…死後も複雑な家族関係での問題が浮上した三浦春馬さん

pic pic

三浦春馬さん

 7月18日に急死した俳優の三浦春馬さんの遺作となった、女優の松岡茉優主演のTBS系ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」が、6日に最終回を迎えた。

 三浦さんは亡くなる前日まで撮影に参加。同作は代役を立てず、脚本を大幅に変えて4話で完結した。最終回の放送が始まると、ツイッター上では関連するツイートが多数投稿され、一時「#カネ恋」が日本のトレンド1位に。番組の最後には「春馬くん ずっと大好きだよ キャスト・スタッフ一同」と、三浦さんの写真とともに追悼テロップが流された。

 >>『TOKIOカケル』に三浦春馬さんのイラスト?「番組スタッフに感謝」三浦翔平の思い出話にファンから称賛<<

 同ドラマの公式ツイッターも終了後に更新され、今月20日に本来描く予定だった脚本を全て載せたノベライズブックを、そして来年3月にはDVD&Blu-rayを発売することが告知された。
 「12月11日には最後の主演映画『天外者』が公開されるが、その公開に向けても追悼企画がありそう。三浦さんをしのんで多くのファンが劇場に足を運ぶことになりそうだ」(芸能記者)

 所属事務所は三浦さんの死後、後日、ファンのために「お別れの会」を開催することを発表しているが、コロナ禍であることもあってか、いまだに日程は発表されていない。

 そして、気になるのが三浦さんの墓や遺骨がどうなったかだが、発売中の「女性セブン」(小学館)がその件について報じている。

 同誌によると、四十九日に納骨を行うことが一般的だが、三浦さんはいまだに墓がなく、近しい関係者でさえ、遺骨がどこにあるかわからない状況だという。

 三浦さんには実父、実母、継父と3人の「親」がいるという複雑な家族関係。実母と実父は春馬さんの生前から、緊密に連絡を取り合う仲ではなかったが、突然、相続権利のある莫大な遺産が生じ、困惑しているという。

 今後、遺骨、墓、遺産の問題は3人の親族で話し合われることになるというが、天国の三浦さんのためにも早く解決してほしいものだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ