search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 闇営業問題で契約解除のカラテカ入江と雨上がり宮迫、大きな違いが浮き彫りに コンビ活動は後回しか

闇営業問題で契約解除のカラテカ入江と雨上がり宮迫、大きな違いが浮き彫りに コンビ活動は後回しか

pic pic

雨上がり決死隊・宮迫博之

 昨年夏に吉本興業を激震させた所属タレントたちの闇営業問題だが、関わったタレントたちのうち、契約を解除されたのはお笑いコンビ・カラテカの入江慎也と雨上がり決死隊・宮迫博之の2人だけだった。

 そのうち、入江はもともと実業家だったこともあり、清掃会社の設立を発表。もはや芸能界に未練はないようだ。

 >>千鳥ノブ「宮迫さんの匂いがする」 雨上がり宮迫とオリラジ中田のコラボロケ決定、また何かが起こる?<<

 一方、宮迫は1月末にYouTuberとしてデビュー。すでに登録者は109万人を突破し、人気ユーチューバーの仲間入り。

 今月9日には、神奈川県内で開催された格闘技イベント「RIZIN.22」にリングアナウンサーとして登場。昨年7月の釈明会見以来、約1年ぶりの公の場となった。

 「一時期は明石家さんまが宮迫の“後見人”に名乗りを上げ、吉本との間を取り持とうとしていた。しかし、さんまはYouTube反対派。そんなさんまの意向を汲まずに宮迫はYouTuberデビューを果たしてしまったので、もはや、さんまもサジを投げてしまった」(テレビ局関係者)

 現在、テレビ朝日系「アメトーーク!」など、コンビでMCを務めていたレギュラー番組は相方の蛍原徹が単独でこなしているが、気になるのが今後、コンビでの活動再開があるかどうか。

 発売中の「フライデー」(講談社)は、蛍原を直撃した様子を掲載。蛍原によると、1か月ぐらい前に宮迫と会ったというが、「もっと早く会いたかったんですけどね」と本音。

 コンビでの活動については、「僕が決めることでもないんで」、「今はもうわかんないっすよ」と歯切れが悪く、宮迫のYouTubeへの出演については「出ないと思います」と断言した。

 「宮迫はYouTubeの活動が忙しく、蛍原との話し合いを後回しにしていたようだ。それでは蛍原も、所属する吉本へ反抗してでも宮迫とのコンビを復活させようとまでは思わないだろう」(芸能記者)

 まだまだ蛍原単独での仕事が続きそう。このままだと将来的にコンビ解散があるかもしれない。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ