search
とじる
トップ > 社会 > 「タバコを吸おうと…」41歳無職男、火を点けたマッチを投げ捨て火事を起こし2人死亡 怒りの声殺到

「タバコを吸おうと…」41歳無職男、火を点けたマッチを投げ捨て火事を起こし2人死亡 怒りの声殺到

pic pic

画像はイメージです

 北海道札幌市内のマンションで火事を起こしたとして、41歳の無職の男が逮捕されたことが判明。その行動に怒りや呆れが続出している。

 火事が発生したのは14日未明。札幌市西区のマンションで火事が発生し、1階の1室約15平方メートルを焼き、上階に住んでいた56歳と70歳の男性が煙を吸って亡くなった。警察が捜査した結果、火元はこのマンションに住む41歳の男によるものと判明。重過失失火と重過失致死の疑いで逮捕した。

 ​>>41歳男、居酒屋に居合わせた所属会社社長を包丁で刺し逮捕 「逃げようとして…」言い訳にも疑問の声<<​​​

 男はなぜ火を出したのか。警察の調べによると、男はタバコを吸うためにマッチに火を点け、床に投げ捨てていた。その火が床に放置されていたゴミに燃え広がり、尊い命が失われてしまったのだ。男は取り調べに対し、「ベッドでタバコを吸おうと思ったが火が点かず、手が熱くなってマッチを捨てた」「床のゴミに火が点き、消そうと思ったが消えなかった」「何度も水を掛けたが、火が大きくなった」などと話している。

 タバコを吸うためにマッチを点け、それを投げ捨てるというあり得ない行動に、「酷すぎる。こんな人間のために2人の人間が死ぬなんて許せない」「重罪にしてほしい。遺族がやりきれない」と怒りの声が相次ぐことになった。

 このような「マッチ投げ捨て」の火事は多々発生している。記憶に新しいところでは、kukuluライブという動画配信サイトで生配信中の男性が、オイルマッチに火を点けたところ、火が大きくなり、慌ててマッチをごみの山に投げ捨たことで火が燃え広がったことがある。
 様子を収めた動画は、現在もYouTubeなどで閲覧することが可能で、マッチ一本で家が燃えてしまうという「戒め」や、男性が火のついたゴミをダンボールに置き、風を送るなどしたことから、「誤った行動の見本」として見る人は多い。

 今回、火事を起こした男がこの動画を知っていたかどうかは不明だが、ベッドでタバコを吸おうとすること、そしてそのマッチを床に投げ捨てたこと。全てが最悪と言わざるを得ない。そのような迂闊な行動で、2人の人間が亡くなっている。男の罪は、非常に重い。

関連記事

タグから探す


社会→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

社会→

もっと見る→

注目タグ