search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 異例の紅白の“予行演習”になる? NHKの音楽番組『うたコン』生放送

異例の紅白の“予行演習”になる? NHKの音楽番組『うたコン』生放送

pic pic

内村光良

 NHKが2日、公開音楽番組「うたコン」について、9日の放送回を東京・渋谷のNHKホールから生放送で行うことを発表したことを、各スポーツ紙が報じた。
 新型コロナウイルスの感染拡大防止から、ここ数回はリモート形式や過去のVTRを再編集したものを放送。生放送は、3月31日以来70日ぶりとなる。

 各紙によると、今回、本来の会場であるNHKホールからの生放送となるが、感染予防のため、観客は入れない形で行われるという。
 また、一部スポーツ紙によると、NHKは8月8日、日本を元気づける大型音楽特番を企画しているのだとか。

 同局では夏の時期に、視聴者のリクエストを元に多数の歌手が名曲を披露する「思い出のメロディー」を51回放送してきたが、今年は東京五輪の開催時期と重なるため、もともと放送予定はなかった。
 しかし、記事によると、コロナ禍で五輪が来年に延期となり、放送予定に穴が開いた形に。そこで、局内から「今年は新たな歌の特番で視聴者を元気づけよう」との声が上がったそうで、特番は8月8日の夜に、東京・渋谷のNHKホールから、10組前後が出演し、会場は無観客で2時間以上の生放送となる見込み。

 司会の候補には、「紅白歌合戦」の司会でもおなじみの「ウッチャンナンチャン」の内村光良と、同局の桑子真帆アナウンサーの名前が上がっているという。
 「昨年までの紅白は、出演者、スタッフ、関係者、そして取材の記者が集結し、3密の状態。現状だと、昨年までと同じ形で紅白を行うことは難しく、制作サイドは新たな形を模索している最中。そのため、今後の生放送の歌番組は、すべて紅白の“予行演習”となるだろう。もともと、紅白では会場入りせず中継で出演の歌手がいるので、感染リスクを避けたい歌手のリモート出演はまったく問題がなさそうだ」(芸能記者)

 どうやら、現状だと紅白の開催中止はなさそうだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ