search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 安倍首相らの言葉響かないのは「官僚が書いているから」? フジテレビ平井氏の解説が物議

安倍首相らの言葉響かないのは「官僚が書いているから」? フジテレビ平井氏の解説が物議

pic pic

画像はイメージです

 1日放送の『バイキング』(フジテレビ系)での、フジテレビ上席解説委員の平井文夫氏の発言が物議を醸している。

 この日、番組では北九州市で発生した新型コロナウイルスのクラスターについて取り上げた。北九州市長が「第2波の真っただ中にいると認識している」と発言したことに対し、菅義偉官房長官が「ただちに再び緊急事態宣言を発する状況に該当するとは考えていない。第2波が今来たとは考えていない」と言い、西村康稔経済再生相も「今の段階で新たに緊急事態宣言を再指定するようなことは考えていない」と発言しており、市と政府の間で認識のズレがあると指摘していた。

 これに対し、出演していた東国原英夫は、新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正し、自治体単位で独自の緊急事態宣言を発令できるようにするべきと指摘していたが、話を振られた平井氏は、「菅さんも西村さんも、基本的には緊急事態宣言は都道府県単位で出しますので、確かに北九州市は厳しいですけど、それが福岡県全体には及んでいないわけですよね」と、第2波が県全体に広がっているわけではないため、緊急事態宣言の再発令は難しいと解説した。

 とはいえ、菅官房長官と西村経済再生相の第2波を認めないかのような発言には少なからず不信の声も集まっているが、このふたりの答弁について「これ官僚が書いてるんですよ、それを読んでるわけ」と指摘。また、政治家の発言で注意しなければならない点について、「石原慎太郎さんっていましたよね。あの人の場合、官僚が書くんだけど、都庁の中に“石原番”っていうのがいて、その人が石原さんの本を全部読んでるんだって。石原慎太郎よりも石原慎太郎っぽい人がいて、全部慎太郎語に書き直してたんですよ」と明かした。また、小池百合子現東京都知事の周辺にもそのような存在がいるとし、「菅さんとか西村さんとか、安倍さんもそうだけど、自分の言葉になってない。だから響かないんですよ。これは政治家としては意外に大事なことですよ」と持論を展開していた。

 しかし、平井氏の発言にネットからは、「石原慎太郎もしょっちゅう余計なこと言っては叩かれてた気がするけど」「政府が批判されてるのは言い方だけじゃないでしょ」「代筆してる官僚が悪いみたい言い方になってる」という声が集まっていた。

 多くの国民に政府の声が届かない意外な理由について解説していたものの、納得した視聴者はさほど多くなかったようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ