search
とじる
トップ > スポーツ > 阪神・藤浪だけじゃない! もっと重い罰則が課されたケースも、遅刻で身を滅ぼしたプロ野球選手たち

阪神・藤浪だけじゃない! もっと重い罰則が課されたケースも、遅刻で身を滅ぼしたプロ野球選手たち

pic pic

藤浪晋太郎

 新型コロナウイルスへの感染というアクシデントを乗り越え、開幕ローテ入りを目指していた阪神・藤浪晋太郎。29日、その藤浪がチームの練習への遅刻を理由に二軍降格となったことを複数メディアが報じた。
 
 報道によると、28日の一軍練習に遅刻した藤浪は矢野燿大監督から直接二軍降格を告げられたといい、開幕ローテも絶望的とのこと。24日にはシート打撃で4者連続三振を奪うなど好調だった中での降格に、ネット上には「せっかくいい感じできてたのに何やってんだよ」といった反応が多数寄せられている。

 今回の一件に対しては、「コロナ感染でチームに迷惑をかけた点も踏まえて処分を重くしたのでは?」と勘繰る声も少なからず見受けられる。ただ、藤浪と同じように一度の遅刻で二軍行きを告げられたケースは近年でも複数存在する。

 ソフトバンク(2008-2015)、中日(2016)でプレーした元プロ野球選手の大場翔太は、ソフトバンク時代の2013年2月9日に春季キャンプの一軍練習に寝坊で遅刻。当時の秋山幸二監督は「責任と自覚を持て」と激怒し、大場に翌日からの二軍行きを命令した。

 大場はその後シーズン開幕後の4月28日になるまで一軍昇格を果たせず、シーズン成績も「2勝4敗・防御率5.26」に終わった。なお、引退後の大場は一時競輪選手を目指した後、現在はユーチューバーとして活動している。

 巨人(2008-2018)、DeNA(2019-)でプレーする現役選手のDeNA・中井大介は、巨人時代の2013年6月12日にチームの全体練習に寝坊で遅刻。当時の指揮官である原辰徳監督は「緊張感がない」と呆れ、中井に即座の二軍降格と罰金10万円の処分を科した。

 1番打者を任されるなど期待の若手として信頼を得つつあったが、この遅刻で一気に首脳陣からの評価を落とす形になった中井。処分から2週間後に一軍復帰を果たすものの、その後8月の試合中に左ひざ靭帯を損傷するなど踏んだり蹴ったりのシーズンとなってしまった。

 プロ入りからロッテ(2013-)でプレーする現役の田村龍弘は、プロ6年目の2018年2月17日に春季キャンプの一軍練習に遅刻。現在も指揮を執る井口資仁監督から「頭を冷やした方がいい」と即二軍行きを告げられ、同日は二軍の練習にも参加させてもらえなかった。

 それまで2年連続で130試合に出場するなど、正捕手の地位を確立しつつあった中で失態を犯してしまった田村。ただ、処分から1週間後に一軍に復帰した後は首脳陣の信頼を取り戻し、シーズンでは球団の捕手としては1969年の醍醐猛夫以来49年ぶりとなる全試合出場を果たしている。

 一度の遅刻で即二軍落ちとなってしまった3名だが、球界の“土壌”を考えるとある意味では当然といえる。球界に身を置く選手や指導者のほとんどは、時間厳守を含め厳しいルールが課せられる高校・大学を経てプロ野球の世界に入っている。そのため、プロ入り後もその多くが「時間厳守は当たり前」という意識を持ち続けていることは想像に難くない。

 実際、どの球団でも決められた時間より5分、10分早い行動は当たり前で、巨人に関しては集合時間の30分前に行動する“ジャイアンツタイム”と呼ばれる独自の慣習も存在する。そのような中で遅刻した選手が、「自覚がない」として立場を失うのは不思議な話ではないだろう。

 藤浪の二軍降格を伝える報道の中では、矢野監督の「これが初めてじゃない」というコメントも伝えられている。前述の3名以上に厳しい立場になっているといえる藤浪だが、果たしてここから首脳陣の信頼をどのように取り戻していくのだろうか。

文 / 柴田雅人

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ