search
とじる
トップ > スポーツ > ノア清宮海斗“エース”の自覚「俺たちと皆さんはつながってます!」

ノア清宮海斗“エース”の自覚「俺たちと皆さんはつながってます!」

pic pic

清宮海斗

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、『LIVEマッチ』と題して、団体史上初の無観客試合を29日に東京・後楽園ホール大会を開催したプロレスリング・ノア。当日は当初から8日に開催されるはずだった、神奈川・横浜文化体育館大会で組まれていたGHC4大選手権試合4試合のみがそのままスライドして行われたため、主力選手の中でも試合から漏れた選手が多数出ている。大会の冒頭では丸藤正道が、休憩前には清宮海斗が、休憩明けには拳王率いる金剛が登場し、視聴者に向けてメッセージを送った。その中で、一際目立ったのがノアの“若きエース”清宮海斗である。

 「今、世界中が、大変な状況に、なっています」

 清宮はひと言ひと言を噛みしめながら、カメラに向かってしっかりとこう訴えかけると、「ノアも、その影響を大きく受けています。先が見えなくて、怖いと思います。だけど!こんな時こそ、俺たちプロレスラーが力になれると思ってます。俺たちは、どんな逆境にも負けません!絶対に!諦めません!皆さんが少しでも、怖いな…不安だな…と思った時は、俺たちを思い出してください!身近なところで言えば、SNS…ツイッター、インスタグラム、フェイスブック…その他でも必ず!俺たちと皆さんはつながってます!だから大丈夫です!俺たち、プロレスリング・ノア、そして皆さん!一緒に乗り越えていきましょう」と続けて、リングを降りた。

 まさにエースの発言である。清宮は今年1.4後楽園大会で、潮崎豪にGHCヘビー級王座を明け渡してしまったが、23歳の若さで団体最高峰のチャンピオン時代を築いたことにより、自然とエースの振る舞いが出来る選手に成長したのだ。置かれたポジションが人を育てるという言葉があるが、清宮を見ていると次にチャンピオンになった時が今から楽しみな存在である。この日は試合がなかったものの、「プロレスの可能性が広がる日。画面の前に自分だけの【特等席】を作って、自由に楽しんで!!」と大会当日の朝にファンに向かって大会を煽っていた。試合が出来ない時もSNSを積極的に活用し、動きを止めることはない。

 現在のノアにとって、清宮のようなエースの自覚を持った若い選手がいるのは強みであり、大きな財産である。今後、清宮がどんな形で新しい景色を見せてくれるのか注目だ。
(どら増田)

関連記事

タグから探す


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ