search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 佐藤健、ドラマの優しさが嘘クサく見えるワケ パンツ丸出しの前田敦子を引きずる衝撃写真【有名人の消し去りたい“黒歴史”】

佐藤健、ドラマの優しさが嘘クサく見えるワケ パンツ丸出しの前田敦子を引きずる衝撃写真【有名人の消し去りたい“黒歴史”】

pic pic

佐藤健

 女優の上白石萌音と俳優の佐藤健が出演するドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)の最終話が17日に放送された。
 原作は、マンガ『プチコミック』(小学館)で連載されていた漫画家・円城寺マキ氏による病院を舞台とした同名漫画。超ドSドクターに一目ぼれしてナースとなった主人公の恋と成長を描く胸キュンラブストーリー。主人公の新米ナースを上白石が、そして超ドSドクターを佐藤が演じた。
 同日、ツイッター上では、「#恋つづありがとう」のハッシュタグがトレンドに入り、最終話を惜しむ“恋つづロス”の声であふれ返った。最終話を終え、佐藤が演じた“俺様イケメン”の超ドSドクターにハマるファンが急増したようだ。

 佐藤というと、高校2年時に初めて訪れた東京・原宿でスカウトされ芸能界へ。2012年8月、主演映画『るろうに剣心』が公開。14年8月、続編となる『るろうに剣心 京都大火編』、同年9月には『るろうに剣心 伝説の最期編』が連続公開され、佐藤の代表作となった。
 佐藤は21日で31歳になるが、私生活ではいまだ遊んでいるチャラいイメージがついて回るという声も。というのも、2012年9月にスッパ抜かれた女優・前田敦子とのスクープ写真があまりにもショッキングだったからだろう。キザなイメージが強い佐藤にとって、この写真は“黒歴史”として扱われてしまったようだ。

 2012年9月発売の『週刊文春』(文藝春秋)に掲載された前田の泥酔現場を捉えた写真は衝撃的だった。記事によると、同年8月にAKB48を卒業したばかりの前田は、9月に開かれたパーティーと称する“合コン”に参加したという。当時、21歳だった前田は酩酊状態で、参加メンバーの佐藤が「お姫様抱っこ」をして、前田の自宅まで送り届けた経緯はしっかりと写真に収められている。
 だが写真を見るに、前田を抱える佐藤の姿には愛情や優しさが感じられないという声が上がった。
 「参加メンバーには元メンバーで女優の大島優子もいました。盛り上がりを見せた“合コン”ではテキーラの一気飲みをあおり、前田は30杯ほど飲み干していたようです。佐藤は、大島との話に夢中になり、当時、佐藤に恋心を抱いていた前田はふてくされ、泣きながら現場を後にしたといいます。その後、現場はすぐにお開きになったのですが、前田は佐藤を求めてカムバックしたというのです。佐藤と会話をする前田は号泣し、ワンピースの肩紐がズリ落ち裸足の状態。酔った前田にラチがあかないと、佐藤が抱きかかえタクシーに乗り込むショットが報じられていました」(芸能ライター)

 一見、佐藤の対応は紳士的にも見えるが、抱きかかえる“お姫様抱っこ”は、女性を救助するというより、荷物を運搬するようにも見える。さらに、前田の食い込んだパンツは丸出しだったがかばう様子はなく、いち早く“撤去”したい気持ちの表れのようだった。
 「トップアイドルの醜態はネット上の掲示板でもAA(アスキーアート)で表され、たびたび投稿されたり、悪ふざけのコラージュ画像の標的にされるなど大きな話題となりました。これだけ優秀な“素材”にもかかわらず、取り上げるメディアは皆無に等しかったですね」(前出・同)

 なぜ、前田が佐藤にすがりつき、号泣していたのかは不明である。これまで数多くの芸能人と浮名を流し、当時以上にモテ男となった佐藤だが、この報道のクールな振る舞いが影響してか、“真のドSキャラ”のイメージはいまだ健在のようだ。

関連記事

タグから探す


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ