search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 加藤浩次、活動休止の木下優樹菜を擁護? 批判集まる中、真麻「影響力の自覚持つべき」発言に称賛

加藤浩次、活動休止の木下優樹菜を擁護? 批判集まる中、真麻「影響力の自覚持つべき」発言に称賛

pic pic

加藤浩次

 18日夜、芸能界に激震が走った。姉が勤務していたタピオカドリンク店のオーナーに恫喝DMを送っていた木下優樹菜が、活動自粛を発表したのだ。木下は事務所を通じてのコメントで「軽率な言動だった」と謝罪し、反省の態度を見せている。

 翌19日朝のワイドショーは一斉にこれを報道。その中で注目が集まったのが、『スッキリ』(日本テレビ系)の加藤浩次だ。怒れるネットユーザーは彼の正義を貫く「加藤節」に期待していたのだが……。

 「加藤は冒頭、木下と若い頃から仕事を何度もしていることを語りながら、彼女について『全く裏表のない、本当に素直な子だなという印象があります。藤本(敏史)君と結婚した後も同じようにその印象しかない』と言及。今回の暴言とは関係のないところでのイメージを述べたのです。さらにはこう結論付けました。『しっかり解決して、真摯な態度で木下が向き合って、オーナーの方と和解できたんだったら活動自粛というのも戻して、新たに仕事を頑張ってほしいと思います』と。しかし、今やタピオカ店のオーナーは裁判で訴える準備を進めているそうですし、そもそも木下とはまだ直接会っていない状態。もはや両者は、法廷で争う立場になってしまうほど深い亀裂があるのです。加藤の希望的観測は大甘と言えるでしょう」(芸能ライター)

 しかも、加藤はこんなナゾ論理を言い放っている。「オーナーさんにしても、それだけフォロワーのいる木下が店を宣伝してくれた部分もある。お客さんが殺到して、私達そういうことじゃないんだよ、いっぱいお客さんに来られたら困るんだよという考えもあったのかもしれない」……。誰に気遣っているのか分からないが、とにかく擁護しまくっていた。

 そんな主張に、SNS上ではこれまで何かと加藤の意見に期待していた反動からか、「加藤浩次にはガッカリだよ」「加藤浩次とスッキリに幻滅」「ゴリゴリの身内番組じゃん」「それでもキャスター?」などと猛ブーメラン。·

 それに加えて、ハリセンボン近藤春菜も日ごろ親しくしているからか、「文章をこういう形で送ると、いろいろ思われてしまうところもあるなって思う」と恫喝メッセージを、単なる子どもの悪口のように捉え、こちらもブーイングが殺到。

 だが、高橋真麻は至って冷静だった。「日本で4番目にフォロワーが多い人ですから、ポジティブな話題もネガティブな話題も、影響があるという自覚を持つべきだった」と木下を戒めたのだ。それにしてもこの騒動、どこまで続くのか?

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ