search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 熊田曜子が出産でFからJカップに爆乳化

熊田曜子が出産でFからJカップに爆乳化

 昨年4月に一般男性と結婚し、同年12月に第一子を出産したタレント・熊田曜子(31)のバストが尋常じゃないくらい、爆乳化している。

 生理的に女性が妊娠、出産すれば、バストは大きくなるようだが、それにしても、熊田の胸の巨大化は目を見張るものがある。

 それもそのはず。熊田は9月19日に放送された日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」で、「子どもを産んで、FからJカップになった」とカミングアウトした。

 オッパイを売りにするタレントは少なくないが、MEGUMIのように、結婚とともに、バストの露出を封印する者もいる。その点、熊田は結婚して、出産しても、オッパイの強調をやめず、ファンの期待に応え続けているのは立派といえるか!?

 熊田は82年5月13日生まれ、岐阜県岐阜市出身。高校卒業後、看護学校に通っていたが、芸能界への夢が捨てきれず、雑誌「Audition」の「2001年秋の特別オーディション」に応募。それが、芸能事務所アーティストハウス・ピラミッドの目に留まり、芸能界デビューを果たした。

 02年頃から、グラビアの仕事を始め、その後はバラエティ番組を中心に活躍中。出産後も早々に復帰した。

 自称巨乳評論家のA氏は、「オッパイを売りにしたタレントは短命に終わる場合も多く、いつかは転換期が来ます。ただ、熊田はもう少し、その路線でも通用するのではないでしょうか。仕事があるうちに、その幅を広げて、いつかはキャラチェンジするする必要に迫られると思います」と語る。

 今のうちに、爆乳化した熊田の胸を拝んでおいた方が良さそうです。
(坂本太郎)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ