search
とじる
トップ > 芸能ニュース > のりピー本で暴露された野島氏の女優落としテク

のりピー本で暴露された野島氏の女優落としテク

 覚せい剤取締法違反で起訴された酒井法子被告(38)に関連した“のりピー暴露本”3冊のうち、9日に発売されたのが、のりピーを24年間追い続けた芸能ジャーナリストの渡邉裕二氏が書いた「酒井法子 孤独なうさぎ」(双葉社)。同書では脚本家の野島伸司氏(46)の“女優落とし”の手口が赤裸々につづられている。各芸能プロは野島氏に対する警戒を強めており、その結果、彼が手掛けたドラマが減っているともいえそうだ。

 今でこそ、これまで世間が抱いていた清純派のイメージが一変してしまった酒井被告だが、野島氏と交際したことにより、すでにその兆候が現れ始め、同書によると、〈酒井はかつて、人が吸うタバコの煙さえ嫌がっていた。(中略)野島と出会ってからの酒井は、どこかすさんでしまった〉という。
 酒井被告と野島氏は、野島氏が脚本を手がけ、酒井被告が出演した93年のフジテレビ系ドラマ「ひとつ屋根の下」がきっかけで交際がスタート。同年秋に交際が発覚した。もともと、野島氏が酒井被告に会いたがり、対談をセッティングしたところ、トントン拍子に話が進み、結局交際に発展。渡邉氏は〈(2人の交際は)当初からの私の懸念が的中してしまった〉と当時を振り返っている。

 交際がプラスに作用すれば問題はなかったが、同書によると、〈酒井はとにかく、「自分」がありそうでいてない。『野島さんがこう言ってるから』という理由で、事務所の意見を否定していたのだろう〉というから、明らかに交際はマイナスだった。
 しかし、積もりに積もった野島氏とのささいないさかいのストレスが原因で、酒井被告は結婚の約束を破棄。その後、夫の高相祐一被告(41)とデキちゃった結婚。夫とともに破滅への道を歩むことに。
 「酒井被告のマネージャーは野島氏と事務所の板挟みになった心労が原因で自殺してしまう。そのことが一層、酒井被告の心がすさむ原因となった」(芸能プロダクション幹部)
 同書にも詳細につづられているが、野島氏の“女優落とし”は酒井被告の時から変わらず、「気に入った女優とはまず会食してドラマに起用。深田恭子のために日テレ系ドラマ『フードファイター』の脚本を執筆。主題歌はSMAPの『らいおんハート』で野島氏が作詞したが、深田に向かって『君のために(歌詞を)作った』とささやいて深田を落とした」(同)という。
「最近だと、08年のフジの月9『薔薇のない花屋』では当時、泥沼の離婚騒動だった竹内結子にベタぼれで起用。今年のTBS系ドラマ『ラブシャッフル』では香里奈を抜擢したが、事務所のガードが固かった。各芸能プロはかなり野島氏に警戒しているから、テレビ局もなかなか起用しづらい」(ドラマ制作関係者)
 かつては“ヒットメーカー”として知られた野島氏だが「ラブシャッフル」は平均視聴率8%台(ビデオリサーチ調べ)に低迷。同書の影響で、評価がまた下がりそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ