「令和の怪物」大船渡高校・佐々木朗希投手 侍ジャパン入りで巨人が強奪か

スポーツ 週刊実話 2019年07月31日 18時03分

「令和の怪物」大船渡高校・佐々木朗希投手 侍ジャパン入りで巨人が強奪か提供:週刊実話

 最速163キロを投げる「令和の怪物」こと、大船渡高校3年の佐々木朗希投手。7月25日、岩手県大会の決勝で花巻東高校と対戦したが、前日の準決勝で投げているため監督の判断で登板しなかった。このため、花巻東に12対2で敗れてしまった。この大会でノーヒットノーラン(6回コールドだったため参考記録)を達成するなど、駆け付けた多数の日米球団のスカウトも絶賛する投球で、争奪戦がさらにヒートアップしそうだ。

 「甲子園で彼の投球する姿は見られませんが、まだ全力は出していない印象。低めに変化球を集める投球術を習得しようとしていて、完成したら、とんでもないピッチャーになりますよ」(スポーツ紙記者)

 そんな令和の怪物の獲得に成功するのは、どの球団か。早くも野球ファンの関心が高まっているが、NPBも佐々木に大きな期待を寄せており、早期の“侍ジャパン・デビュー”も検討されているという。

 「最速で侍ジャパン入りさせるのなら、来年3月に行われる他国との親善試合です。来年はオリンピックがあるので主力選手の実戦テストも必要ですが、同時に、8月の本番に備えて調整を万全にさせなければなりません。主力を温存させるという大義名分で、佐々木の3月デビューも十分に考えられます」(関係者)

 親善試合は格下相手なので、18歳の佐々木でも問題はない。それどころか、好投すれば「五輪メンバー当確」も十分あり得るという。

 「親善試合は観客数が少ないため、営業的な期待も寄せられています」(同)

 ちなみに、侍ジャパンのデータ解析役は、前回WBCに続いて巨人の志田宗大スコアラーになりそうだ。大学の先輩である小久保裕紀前監督が侍ジャパンに引き入れ、その優秀さにホレ込んだ巨人の鹿取義隆前GMがヤクルトから引き抜いた優秀なスコアラーである。

 「志田氏は岩手県大船渡市の出身です。佐々木にとっては同郷の先輩ということになる。佐々木が侍ジャパンに入れば、志田氏が裏で動き、巨人入りのレールが敷かれるのではないか」(前出・スポーツ紙記者)

 現在セ・リーグ首位を独走する巨人。“怪物獲得”でも一歩リードか。

ピックアップ
スポーツ新着記事
注目動画

一覧へ

アクセスランキング

  • 総合

  • お笑い

  • アイドル

注目画像
  • ゆうみ 最新DVD『ふわっとゆうみ』発売記念 7月16日
  • 平塚奈菜 9枚目DVD『32(サーティーツー)』発売記念 7月16日
  • 柳瀬早紀 12枚目DVD『溢れる想い』発売記念 7月16日
  • 阿部桃子 ファーストDVD『switch on』発売記念 7月9日
  • 手塚せいあ 3枚目DVD『手塚せいあはリアル彼女』 発売記念 7月9日
  • 本田みく デビューDVD『MIX Juice』発売記念 7月9日
  • 戸田れい 25枚目DVD『BEAU T RENTE』発売記念 7月8日
  • 本郷杏奈 2枚目DVD『はにかみカノジョ』発売記念 7月2日

一覧へ

▲ページトップへ戻る