search
とじる
トップ > スポーツ > 楽天・星野監督で選手取り放題、でも資金は?

楽天・星野監督で選手取り放題、でも資金は?

 オーナー付きシニアディレクターを務める阪神のポストシーズンゲームが終了してから、楽天監督に就任する予定の星野仙一氏。人脈の広さは球界内ナンバーワンで、補強はやりたい放題だろう。問題は楽天にどこまで資金力があるかだ。

 来季星野監督の動きが起きる前に、楽天はアストロズ・松井稼頭央獲得に動いている。が、星野監督が誕生すれば、いくらでも大物選手が取れる。松井同様に日本球界復帰がウワサされるカブス・福留孝介、ブレーブス・川上憲伸は、中日監督時代の星野氏の愛弟子コンビ、主砲とエースだ。
 「ウチに来い」と、星野氏が一声かければ、喜んで楽天入りするだろう。古巣・中日は4年ぶりのリーグ優勝で、来季まで確約されている落合政権がさらに長期化必至の情勢でアンチ落合監督の福留、川上は戻りたくないという事情もあるから、楽天・星野監督誕生を待ちわびているだろう。
 中日監督時代の人脈だけではない。03年に監督としてチームを18年ぶりにリーグ優勝させ、04年からはオーナー付きシニアディレクターとしてチーム運営に係わっている阪神でのネットワークも強大だ。
 球界の水面下で「金本、楽天入り」という衝撃情報が流れているのも、星野氏と金本の太い絆があるからだ。18年ぶりの阪神リーグ優勝の立役者は鉄人・金本であり、広島からFA移籍させたのは星野監督だ。
 「肩を痛め、守ることが厳しくなっている金本にとって、恩人である楽天・星野監督の所へ行くのは最高の選択になるだろう。パ・リーグにはDHがあるし、金本は東北福祉大出身だから、地元ファンも熱狂的に歓迎するだろう。DHには金本と同じ1968年生まれの山崎がいるが、中日監督時代の星野門下生の1人だし、楽天ではポスト星野の監督候補生でもある。トラブルにはならない。夢のアラフォー左右のDHコンビ誕生となるだろう」

 楽天・星野政権が誕生すれば、夢のような大型補強ができることになる。ただし、問題は星野氏と太いパイプがあり、今回の楽天・星野監督の仕掛け人といわれる三木谷浩史球団会長がどこまで補強費を出す決断をするかだ。
 「楽天は金銭にシビアな球団だから、阪神のようなわけにはいかん」とは、野村克也前楽天監督の言葉だが、阪神の時の金本をはじめとした大補強も星野監督だからこそできた芸当で、阪神・野村監督には無理だった。現在、阪神OB会の会長を務めており、阪神星野政権下でチーフ打撃コーチだった田淵幸一氏が、こう生々しく星野氏の天才的な口説きぶりを証言している。
 「あのケチな久万オーナー(当時)相手に対し、金本はいくらかかるが、取ればこれだけのメリットがあるとか、いちいち具体的な数字まであげて説得していく。最後は久万オーナーが納得して、大補強を認めたのだから、センちゃんの交渉力はすごいの一語だよ。誰にもまねできないよ、あの芸当は」
 星野監督が天才的な交渉力で三木谷球団会長からいくら補強費を引き出すか。阪神の時のように何十億円もの金額になるのか。その額次第によって楽天の補強メンバーが決まる。

関連記事


スポーツ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

スポーツ→

もっと見る→

注目タグ