search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 篠原信一、高橋由伸巨人新監督にエール「わたしを反面教師にして頑張ってほしい」

篠原信一、高橋由伸巨人新監督にエール「わたしを反面教師にして頑張ってほしい」

 元柔道家でタレントの篠原信一が26日、都内で行われた「全国新米おにぎり食べ比べ〜おにぎり協会認定炊飯器発表イベント〜」に出席。先日、巨人の新監督に就任した高橋由伸氏に「ぜひ、頑張ってもらいたい」とエールを送った。

 2008年11月から2012年10月まで柔道男子日本代表監督を努めた篠原。イベント後の会見で、報道陣から「伝統あるチームの監督をされていた立場から巨人の高橋新監督に一言お願いします」とコメントを求められると、「僕は(野球のことは)全然わからないですよ」と謙遜しつつ「高橋さんが監督になられたということで、ぜひ頑張ってもらいたい。わたしを反面教師にして頑張ってほしい」とにっこり。「しゅっとしていて見栄えも僕とは違います。大丈夫です」と太鼓判を押した。

 イベントではランドセル『FLAT CUBE(フラットキューブ)』のCMの愛らしさが話題になった人気子役のエヴァちゃんとともに仲良くおにぎり作りに挑戦。「今はお茶碗一杯、一日3杯くらいしか食べませんが、現役の時は5合とか食べる勢いでした。当時135キロありましたが、ごはんありきの現役当時の体でした」としみじみ。

 おにぎり作りの最中はエヴァちゃんが緊張気味でうまく話せなくなってしまい、それをほぐそうと一生懸命になるなど、優しい一面も見せた。それぞれ手のひらサイズを意識して作ったおにぎりだったが、篠原のおにぎりがエヴァちゃんの顔大の大きさになり会場が沸く一幕も。

 篠原は東京で一番古いおにぎり専門店である浅草「宿六」のスタッフのレクチャーも受け、プロのおにぎりの作り方に興味津々。「せっかくおにぎりの作り方を教えてもらったので、帰って自慢しますよ。家庭でももちろん料理はします。目玉焼きを焼いたり卵焼きを焼いたりそれくらいですけどね。せっかくなので、このあと、家族のために(イベントで使われた)かまどを買って帰ろうかなって」と笑顔で感想を述べていた。

(取材・文:名鹿祥史)

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ