search
とじる
トップ > 芸能ニュース > SKE48・新チームE「手をつなぎながら」公演 佐藤すみれ「劇場に柱がない!」とびっくり!

SKE48・新チームE「手をつなぎながら」公演 佐藤すみれ「劇場に柱がない!」とびっくり!

 チームS、チームKIIに続いて、5月2日は新チームEの初日。挑むのは、SKE48にとって初のオリジナル公演としてチームSが行い、HKT48やAKB48チーム4も演じた「手をつなぎながら」。唯一オリジナルメンバーだった松井玲奈にとっては、千秋楽の2009年10月以来約4年7か月ぶりに劇場で演じることになった。

 SKE48に来て「劇場に柱がない!」ことに驚いたというAKB48から移籍の佐藤すみれ。“何でも知っている”でお馴染みの小林亜実に事前にメールをして、SKE48内の交友関係や情報をリサーチしていたことを明かし、早く溶け込けこめるよう積極的に交流を図るその姿勢はメンバーからも好印象。“すーめろさん”や“めろさん”と親しみを込めて呼ばれ、早くも慕われているよう。

 対照的だったのはHKT48から移籍した谷真理佳。はじめから遠慮なしに玲奈をはじめメンバーのトークにいちいちしつこく絡んでいき、ウザさ全開。イラついたメンバーに「退場!」や「その場で正座!」を命じられるなど新入りメンバーとは思えないヒドい扱いを受けても、どこ吹く風。名古屋でも谷真理佳は谷真理佳でした。他のメンバーから必要にされるかどうかは別として(?)、新たな風をSKE48に運んでくれる期待が高まった。

 昇格した大脇有紗、ドラフト生から唯一初日出演を勝ち取った小石公美子も、この日を待ちに待っていた様子で、先輩に負けじと熱演。公演後、まだまだ課題は多いと語りながらも充実の表情を見せ初日を全うした。

 新しくチームリーダーに就任した須田亜香里は公演後、「脱・末っ子チーム」を宣言するなど気合十分。SKE48を引っ張っていくという新たなチームE像が頭の中ではすでに完成しているようだ。

 これでSKE48の3チームとも新チームで公演をさせ、名実ともに新体制がスタートとなった。(C)AKS

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ