search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 本田圭佑もホリエモンに投資していた! 岡田武史氏とも、意外な交友関係

本田圭佑もホリエモンに投資していた! 岡田武史氏とも、意外な交友関係

pic pic

堀江貴文氏

 実業家で、民間宇宙開発企業「インターステラテクノロジズ」に出資している堀江貴文氏が19日、宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIで行われた同社の事業戦略発表会に出席した。

 堀江氏は同社の稲川貴大代表取締役社長とともに、報道陣の前で現在開発中のロケット・MOMO3号機について説明。初号機は2017年7月、2号機は2018年6月に不具合を起こして宇宙に行くことは叶わなかったが、この経験を活かして3号機の開発を進めていると発表した。

 さらに、同社の事業に共感する企業・団体によるサポートチーム「みんなのロケットパートナーズ」が始動したことも併せて告知。同チーム発起人の1人で、現在FC今治のオーナーを務める岡田武史氏とトークセッションを行った。

 セッションで堀江氏は「ロケットはサッカーと同じで結果がどうなるか分からない。もちろん努力はするんだけど、勝負は水物でロケットも水物」と宇宙事業開発とサッカーの共通点を説明した。

 一方で岡田氏は「堀江さんと会う前は『好き勝手なこと言ってるし変な人かな』と思ってた。けど、けっこうまともなんだよね。(堀江氏は)普通に生きていこうと思えば生きていけるけど、新しいことにチャレンジしてる。そういうところが好きだな」と堀江氏を評価。

 さらに「みんなで堀江さんのことは許してあげて(笑)。昔なんかあったらしいけど、それでも応援してあげよう」と、報道陣に呼びかけた。

 その後「堀江さんを応援しようと思った後、(堀江氏に)紹介したのは本田圭佑なんだよね」と告白。それを受けて堀江氏は「本田さんにはいろいろ手伝ってもらってます」と、意外なつながりがあることを明かしたが「(お金を)出してもらってるの? 今の倍くらいもらえば?」という岡田氏の言葉には「さすがにね、言いづらいですけど……」と苦笑いを浮かべた。

 今回の発表で堀江氏はサッカー界の重鎮2人にアシストを受けていることが判明。堀江氏はJリーグのアドバイザーを務めており、FC今治の試合を視察した縁もある。「月3万円で雇われてるだけ」と冗談まじりにアドバイザーの待遇を口にしたこともあったが、思わぬ人脈を作り上げることに成功したようだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ