search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 松井珠理奈、休養のおかげでメンバー間の“遺恨"がなかったことに?

松井珠理奈、休養のおかげでメンバー間の“遺恨"がなかったことに?

pic pic

松井珠理奈

 アイドルグループ・SKE48の松井珠理奈が12日、都内で行われた、「イオンカード(SKE48)」の記者発表会に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 松井が報道陣の前に姿を見せたのは、6月に行われ初の首位を獲得した「第10回AKBグループ世界選抜総選挙」開票イベントの翌日以来、約5か月ぶり。一夜明け会見後、体調を崩して休養に入り、9月6日に名古屋のSKE48劇場での公演に特別出演して復帰。同7日のテレビ朝日系「ミュージックステーション」でパフォーマンスを再開していた。

 各紙によると、囲み会見の冒頭、松井は自ら「最初に一言だけ言わせてください」と発言。「体調を崩してしまって、このたびはご心配をおかけしました。少しお休みをさせていただいて、だいぶ元気になったので、復活してこうして参加させていただくことがすごくうれしいと思っております」と、復調を報告したという。

 総選挙当日、開票イベント前のライブでは倒れ込み搬送されるハプニングも。総選挙当日の状況について松井は、「SKEのために、自分のために、ファンの皆さんのために1位にならなきゃいけないと自分を追い込みすぎて、ほとんど覚えてないです」と振り返ったというのだ。

 「開票イベント終了後、HKT48のメンバーの宮脇咲良にダメ出しして、宮脇がへこんだことが発覚したが、宮脇は今や日韓合同アイドルグループ『IZ*ONE(アイズワン)』に参加し、48グループの活動を休止中。また一部で、一夜明け会見で自分の方が指原よりも上に立ったような発言が報じられたが、いつの間にかそれもうやむやになってしまった」(芸能記者)

 すっかり体調も回復し、松井は活動に打ち込めそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ