search
とじる
トップ > アイドル > SKE48のドキュメンタリー映画、“まさかのコメント”が? PR活動が少ない事情

SKE48のドキュメンタリー映画、“まさかのコメント”が? PR活動が少ない事情

pic pic

須田亜香里

 SKE48の須田亜香里、大場美奈、北川綾巴が19日、都内で行われたドキュメンタリー映画「アイドル」初日舞台あいさつに出席したことを、各スポーツ紙などが報じている。

 同作は6月に開催された「世界選抜総選挙」後、グループのエース松井珠理奈が体調不良でダウン。松井の不在でピンチに陥ったグループにカメラが密着し、アイドルの苦悩を赤裸々に映し出す。

 各紙などによると、劇中で須田が号泣するシーンが流れているが、本人がその理由について、「珠理奈さんが休養している間にSKEのセンターポジションに立っていた。プレッシャーがあったし、常に完璧で自信を持って提供できるものを追い求めていて。珠理奈さんの背中を見ていたからこそ、自分の思うセンター像をやっていたつもりだった」などと告白したという。

 3人ともこの日観客と一緒に初めて観賞。大場は「久しぶりに男の人と映画を見た」。須田が「そこは初めてって言わないと」と突っ込むと、大場は「あっ、初めて」と言い直しつつ、「私もいろいろ経験しているから」とほほ笑んだという。

 「監督はTBSの社員が務めた同映画。総選挙1位の松井と2位の須田がいるにもかかわらず、事前にほとんど映画の番宣が行われなかった。復帰はしたものの、いまだに松井は不安定な状態ということもあり、番宣どころではなかったのでは。本来ならば、松井も舞台あいさつに立っていないとおかしい」(芸能記者)

 おまけに、作品内容は関係者の間で物議をかもしているというのだ。

 「エンディングが近づき松井にカメラが寄るが、その時のコメントがあまりにも自分本位でネガティブ。よく、48グループ総合プロデューサーの秋元康氏がOKを出したと思う」(レコード会社関係者)

 今年で10周年を迎えたSKEだが、エースの珠理奈がそれでは盛り上がらないのも仕方ないようだ。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


アイドル→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

アイドル→

もっと見る→

注目タグ