search
とじる
トップ > トレンド > 噂の深層 いまだに踏み絵状態? 隠れAKBヲタ は増えているのか

噂の深層 いまだに踏み絵状態? 隠れAKBヲタ は増えているのか

 あっちゃんの電撃卒業宣言、という余りのサプライズに揺れているAKB48。予想通り、この一報を伝えない大メディアは無く、あらためてAKB48の存在感の大きさを示している、といえるだろう。 
 その一方で、AKB48のファンであることは周囲にちょっと言いにくい、という実例がさまざまに語られている、ネット掲示板での隠れファンの意見が面白い。AKBについての知識はついつい隠してしまう、もしくは、AKBの推しメンバーのことを隠しておかないと世間で生きていけない、などの人はいまだにいるようだ。

 以下、簡単にその意見を紹介すると…。

 「(そのメンバーのファンであることが)『ありえない』と仲間に言われるのがこわくて、ついつい、前田やこじはるなどの無難なメンバーを“推し”だということにしてしまう」

 「わざと河西を“かせい”“かわにし”など間違って読む」

 「先輩に『AKBって48人以上いるって知ってる?』と得意げに言われ、『あー、雑誌かなにか…聞いたことありますね』(「57人だよボケ」と心の声)」

 「『演歌の子いたよね?』など、友人の情報網にAKBが引っかかりつつあるのを知った瞬間、(キター!!)と思うが、いつもうれしくても平静を装う」

 「太田、中川、小島…などの文字を見ると、メンバーの子とは字が違うのに意識してしまう」

 「仕事のメールで、取引先の人の名字が<大島>や<高橋>などだと、書きながら異常に興奮している」

 「友達がカラオケでAKBの歌を歌っているとき、心の中だけでMIXを打つ」

 「『お前のプレイヤーどんな曲入ってんの? 見せて』と言われることがこわい」

 「『松井って子いいよなー』とよく友人から言われるがその度心の中で(どいつだー)」

 以上、一部の意見とはいえ、出色であろうか。
 街の声としては、

 「私は友人の前だとつい、『前田っていう人』と言ってしまいます」(30代サラリーマン)

 「テレビに出ているメンバーの名前は全員わかりますが、母が北原が映った時、『誰? これ?』と言ったので、『あー、よくわかんない子いるよね』と言い同調してしまった。本当は、大好きな派生ユニット《Not yet》の中でも特に北原のファンなのに…」(20代男子学生)

 などさまざまであった。
 いまだ一部のファンにとっては、AKBファンを明かすのは、踏み絵を踏むようなものなのだろうか?

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


トレンド→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ