search
とじる
トップ > トレンド > 芸能界の“セレブ教育”

芸能界の“セレブ教育”

 先ごろ、松嶋菜々子(40)&反町隆史(40)夫妻の2人の娘さんの塾通いがちょっとした話題となった。2011年春、長女が都内の有名私立小学校に入学し、次女も2014年春に長女と同じ小学校に合格。これまで“お受験ママ”として知られた松嶋だが、今は少し毛色の違う教育をしているようだ。

 「今、2人を通わせているのは都内商店街の中にある英語塾。過去には長女を年間300万円ともいわれる“お受験塾”に通わせていましたが、今度は4年生の長女が週2回通うと月謝が約4万円で、1年生の次女が約3万円。2人合わせて計7万円ほど。過去と比べるとずいぶん庶民的になった。“お受験”から離れて新たな教育方針に切り替えたのでしょう」(女性誌記者)

 ところで芸能人のセレブ教育の例はいろいろある。最近、注目されたのは市川海老蔵(36)&小林麻央(32)夫妻の長男・勧玄君(1)のセレブ託児所だ。

 「1歳から小学3年生までが対象で、年間経費が200万円以上。英語やチェスも習うといいます」(同)

 ほかにもある。

 「竹内結子は昨年、年間720万円で8歳の長男に個人指導をつけましたし、土屋アンナは次男を年間200万円の個別指導の幼稚園に通わせている。インターナショナルスクールでは紗栄子が2人の息子を通わせる学校は年間200万円、キムタク&工藤静香夫妻の娘2人が通う学校は年間300万円かかる。今年9月、庄司智春&藤本美貴夫妻が入園説明会に行った名門幼稚園は年間60万円かかり、名倉潤&渡辺満里奈、ポルノグラフィティの新藤晴一&長谷川京子、井ノ原快彦&瀬戸朝香夫妻の子どもが通っている」(同)

 いい教育には金がかかるということか。

関連記事


トレンド→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

トレンド→

もっと見る→

注目タグ