search
とじる
トップ > 芸能ニュース > 次長課長・河本が会見 母親の生活保護受給を認める「情けなくて恥ずかしい気持ち」

次長課長・河本が会見 母親の生活保護受給を認める「情けなくて恥ずかしい気持ち」

 母親が生活保護を受給していたことが報じられていたお笑いコンビ、次長課長の河本準一が25日、所属する吉本興業の東京本部で会見を開いた。

 11時からはじまった会見に登場した河本は、「今回の騒動の件、色々とご迷惑をおかけしました。大変、申し訳ありませんでした」と頭を深く下げた。そして、「母親のことについて、説明させて頂きます。母親が生活保護を受給していたかどうかという報道がありましたが、それは事実でございます」と一部報道が事実であったことを認めた。

 生活保護を受給した時期については、14.5年前の「まだ自分が芸人として仕事がない時期」に母親が病気になり、「当時の年収が100万円を切っている状況」であったため母親の面倒を見ることができなかったと説明。その後、芸人として成功をおさめ、自身の収入が増えていたものの受給は続き、吉本興業関係者によると、今回の一部で報道があったことから受給を辞退したという。このことについて河本は、「思うとむちゃくちゃ甘い考えだった」と語った。また、虚偽申告など違法な点はなかったとの考えも表明した。

 自身がメディアで活躍する中、母親が生活保護を受けていたことについて、「正直なところ、情けなくて恥ずかしい気持ち」と本音を漏らした河本。受給されていた生活保護は一部返還をする意向を示している。

写真をすべて見る

関連記事

関連画像

もっと見る


芸能ニュース→

 

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ