search
とじる
トップ > 芸能ニュース > サンジャポで杉村太蔵の発言中に突然のCM? “意図的な圧力か”視聴者の間で憶測飛び交う

サンジャポで杉村太蔵の発言中に突然のCM? “意図的な圧力か”視聴者の間で憶測飛び交う

pic pic

杉村太蔵

 14日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、不自然な場面があり、不信感を抱いた視聴者が多いようだ。

 その場面が放送されたのは、番組終盤。番組に出演していた杉村太蔵が、“これだけは忘れられないというハプニング”を聞かれたときだ。杉村は「今週水曜日、夜のんびりしてたら、突然、(元自民党議員の)武部(勤)幹事長からお電話いただきまして」と吐露。そして、「『赤坂で飲んでいるから今すぐ来れるか?』と…。電話いただいた瞬間からネクタイを締めていたんですけどね」と続け、「行ったら、小泉(純一郎)元総理と(元自民党議員の)山崎拓副総裁と中谷…」と話したところで、突然CMが入ったのだ。

 これを受け、視聴者らは「ぶつ切りでCM行ってる辺り、余程都合の悪い内容らしい」「政治的圧力?」と意図的ではないかと推測する人が多数。さらに、CM明けには何事もなかったかのようにエンディングとなり、突然のCMについて言及されることもなかったため、「エンディング、通常より明らかに時間長い。政府のご機嫌を損なうと番組終わっちゃうからなの?コワイコワイ」と恐れる人や「杉村さんの話の続きがどうしても気になる」「渾身のネタだったのに…」と、杉村の話を聞きたかった人も多いようだ。

 ちなみに、このエンディングで杉村は、他の共演者よりも後ろの方に立っていたのだが、何かを抱えていそうな表情とたたずまいで、そこにも「闇」を感じた人が多かったようだ。

 「杉村さんはサンジャポに長年出演しており、生放送にも慣れている。もちろん、CM前にどれだけの尺があって何をしゃべることができるのか、計算して発言していると思います。それにも関わらず、突然CMが流れたのは不自然ですよね。それに対しての弁明やイジリもなかったのも不思議です」(芸能記者)

 何の話をしようとしていたのかは杉村にしか分からないが、打ち切られるほどの話題を持っている杉村に対し、「やっぱりすごい」との声もある。“危険”な話題もありそうだが、今後、杉村が語る一言一言には重みを感じそうだ。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ