search
とじる
トップ > 芸能ニュース > “数字を持ってる”テレビ告知なしで大健闘!元SMAP3人の主演映画、トップ10入り

“数字を持ってる”テレビ告知なしで大健闘!元SMAP3人の主演映画、トップ10入り

pic pic

草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾

 4月7、8日の国内映画ランキング(全国週末興行成績=興行通信社提供)が9日に発表され、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がそれぞれ主演したオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」が初登場で8位に入った。

 同作は昨年9月にジャニーズ事務所を退社した後、3人ともに初の出演作となる映画。4編からなるオムニバス作品で、園子温監督や爆笑問題の太田光がメガホンを取ったことでも注目されている。

 6日に公開され、公開3日間で8万7,528人を動員。公開する映画館が87と少なく、2週間限定の公開であることから、6日に行われた公開初日舞台あいさつでは、制作サイドは謙虚に「15万人動員が目標」と設定していた。

 しかし、公開からわずか3日間で目標の半数以上を突破したのだ。

 「3人は昨年、共同ファンクラブ『新しい地図』を立ち上げて会員を募集したところ、わずか3日で申し込みが10万人を突破したそうです。そこから徐々に数字を伸ばし、現在は15万人を突破しているものと見込まれます。会員が1人2回ずつ見たとしても30万人が入る計算。客単価が1,500円と計算すれば興行収入は4・5億円。公開規模からすれば大ヒットです」(映画業界関係者)

 ジャニーズを辞めた3人の最大の“武器”はSNSを駆使して宣伝ができるところだろう。

 現状、3人のTwitterのフォロワーはそれぞれ、稲垣が73万人、草なぎが82万人、香取が88万人を突破。さらに、3人が全国各地で舞台あいさつを敢行し、集客アップを目指している。

 「少人数だからこその機動力を活かし、宣伝に力を入れている。今後は(映画を)ソフト化してそれなりに売れれば続編の可能性もありそうだ」(芸能記者)

 とりあえずは、今回の映画がどこまで動員数を伸ばすかが注目される。

関連記事


芸能ニュース→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ニュース→

もっと見る→

注目タグ