search
とじる
トップ > 芸能ネタ > 主演ドラマの打ち上げで“SMAP愛”をアピールしたキムタク

主演ドラマの打ち上げで“SMAP愛”をアピールしたキムタク

pic pic

イラスト

 元SMAPの木村拓哉がテレビ朝日系主演ドラマ「BG〜身辺警護人〜」の打ち上げで、SMAPの曲を熱唱していたことを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 同ドラマは今月15日に最終回を迎えたが、全話平均15.2%となかなかの数字。同誌によると、最終回放送日に行われた打ち上げは大いに盛り上がったという。

 出席者は200人超え。会場では全員で最終回を鑑賞し、後半は出演者らがめいめい景品を持ち寄ったビンゴ大会も行われたというが、その後2次会のカラオケへと移動。

 周囲から熱烈なオファーを受け、木村もマイクを握り歌ったのがSMAPの「SHAKE」。そのため、会場は一気にテンションが上がったというが、木村はその後も、ウルフルズを熱唱したりと、とにかく座長として盛り上げていたというのだ。

 「元SMAPのメンバーたちには、なかなかSMAPの曲の歌唱を頼みづらいところ。特に、ジャニーズ事務所から独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾はジャニーズとの間で、営利目的ならびに公の場でSMAPの曲を歌うことにNGが出ている。その一方、ジャニーズに残った木村と中居正広はSMAPの楽曲歌唱がOKなので、木村は堂々と打ち上げの場で歌うことができた」(週刊誌記者)

 元SMAPの3人は新曲がないままでは歌唱できる曲がないので、オリジナル楽曲を発表している。

 そして、中居はこのところ、出演している番組でたびたびSMAP時代を話題にしてファンを喜ばせている。

 解散から1年ちょっと。順調に仕事をこなす5人だけに、ファンたちが切望する再結成は無理だとしても、何らかの形で5人が勢ぞろいするという、ファンの望みを叶えてほしいものだ。

関連記事


芸能ネタ→

特集

関連ニュース

ピックアップ

新着ニュース→

もっと見る→

芸能ネタ→

もっと見る→

注目タグ